オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、放っておくと怖い、ベランダ・バルコニーからの雨漏り


ベランダ劣化
雨漏りと聞くと屋根からを想像する方が多いでしょうが、屋根同様に多いのがベランダやバルコニーからの雨漏りです。
ベランダやバルコニーの原因は、施工ミスによるもの、笠木や壁との取り合いのシーリング劣化から、そして排水口(ドレン)の詰まりからなどの原因があげられます。
特に多いのが、笠木の継ぎ目や壁と防水部分の繋ぎ目で、そのシーリング処理が施工時にきちんとできてないことや、経年劣化によるコーキングの劣化からが多くの原因です。
他にはベランダやバルコニーの床の防水層の劣化で、主にベランダやバルコニーの防水で使用されているのは「FRP防水」「ウレタン防水」「シート防水」です。
この防水層が経年で劣化すると、床のひび割れや剥がれを起こし雨漏りに繋がることがあります。


ベランダ腐食
ベランダやバルコニーは日々、雨風・紫外線・温度差などで痛んでいるといっても過言でない場所です。
そしてベランダやバルコニーの雨漏りを放置していますと、家を大きく痛める二次被害が発生しやすいです。
ひどい場合には、木材が腐食してシロアリが発生したりしてメンテナンス費用が高額になることもあります。
ベランダやバルコニーからの雨漏りを防ぐためには、まず排水口(ドレン)の掃除を定期的にして床に水を溜めないことです。
更に、防水層の劣化も雨漏りの原因ですので、防水層が浮いたり剥がれたりしているのを発見したら、防水塗装などの塗り替えをしましょう。
また笠木や壁の取り合いの防水処理のコーキングの劣化は、適切な業者へ定期点検やメンテナンスを頼むと良いでしょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878