オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ベランダ・バルコニー部分の外壁の劣化の症状や対処方法は?


ベランダ外壁劣化
普段余りベランダやバルコニーの外側には注目しないと思いますが、意外と多いベランダやバルコニーの外壁の劣化です。
今回はベランダ・バルコニーの外壁部分の劣化の状況や対処方法をお伝えします。
ベランダやバルコニーは雨風に晒されることが多く劣化しやすい箇所です。
雨が吹き込みやすいだけでなく、雨が逃げにくい構造になっているため床面や手すりや笠木が水分で徐々に劣化して耐水性が失われると、外壁や室内まで漏水し雨漏りの原因になりますので、ベランダやバルコニーの防水性は非常に大切です。
ベランダ・バルコニーの劣化はまず、外壁に発生してるひび割れと、床に発生しているひび割れがあります。
外壁のひび割れは塗膜の剥がれから起こり、床のひび割れは防水層がひび割れていることになります。


ベランダ張替え
ベランダやバルコニーの天面をカバーしている手すりや笠木には金属を使われることがあり、鉄部は通常、表面が塗装で保護されていますが、紫外線や雨などで塗膜が劣化すると、塗膜の下にある本体の金属部分にサビが生じるようになり、そのまま膨れや穴が空くまでサビを放置してますと、手すりが外れたりして怪我の原因になります。
またサビが垂れると外壁やベランダ・バルコニー内部に赤茶色の筋が付いて外観の見た目も悪くなります。
更に笠木にはベランダ・バルコニーの壁面や内部に入り込もうとする雨を受け流す役割があり、通常は防水加工されていますが、サビてしまうとベランダ・バルコニー本体を雨から守れなくなります。
建物内部まで浸水してますと腐食して、ベランダ・バルコニー周辺のサイディング材などの外壁材をいったん解体し、外壁内部に貼られてる防水シートの張り直しや外壁下地の補修、あるいは外壁材そのものの交換という大規模な工事になります。
ベランダやバルコニーの防水工事の詳しい説明はこちらをご覧ください。

最後にベランダやバルコニーは点検や劣化を見落としやす場所ではありますが、雨漏りや建物の腐食や建物の耐久性を落とす様々な劣化を引き起こします。
ベランダやバルコニーの点検などはこちらからご連絡ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878