オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、ベランダやバルコニーの笠木や手摺りは大変雨漏りの原因になりやすい箇所です


笠木取り合い
雨漏りと聞くと屋根からと思う方が多いでしょうが、実はベランダやバルコニーからの雨漏りも屋根同様に大変多い場所になっています。
特にベランダやバルコニーの笠木から原因の雨漏りも多いです。
笠木とは、ベランダやバルコニーの雨漏りを防ぐことが最たる役割ですが、笠木の繋ぎ目や外壁との取り合い部分などコーキング処理をしてありますが、そのコーキングが劣化してしまうと外壁内に水が入り込み外壁の劣化に繋がります。
他には笠木に取り付けられている手摺りのコーキング処理の箇所も劣化しやすく、そこから雨水が侵入して雨漏りの原因になります。

手摺りコーキング
そんなベランダやバルコニーの雨漏りを放置していますと、補修工事では済まなくなり大掛かりな工事になることも多々あります。
既存の外壁素材のサイディングを剥がして、下地の状態を確認して補修したり、現在のサイディングの上から新しく金属サイディング張るカバー工法で工事をしたり、その際には外壁の厚みも変わるため既存の笠木や手摺りは使えなくなり費用も高額になってしまいます。
一番ベランダやバルコニーの雨漏りの放置で危険なのは、家を大きく痛めてしまう二次災害になることです。
雨水は目に見えない場所にも浸水して、家の木材を腐らせてしまいます。
そうなると、家の耐久性や資産価値も下がってしまいます。
また、雨漏りしている家は湿度も高くなり、木材が使用されている家ですと湿った木材をシロアリが食べてしまい大変大きなリフォーム工事になります。
最後に、ベランダやバルコニーは大変雨漏りしやすい場所と理解して、定期的に点検をしたり外壁や屋根などのメンテナンスをする際には、必ずベランダの雨漏りもチェックしてもらうと早期発見でメンテナンス費用も抑えることになりますので、まずはベランダやバルコニーの無料点検から始めると安心して住める家になるでしょう。
コラム「意外と多いベランダの笠木からの雨漏り」はこちらからご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878