オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方、雨漏りの多いベランダの点検・メンテナンスをお考えの方へ


ベランダFRP
雨漏りと聞くと屋根からと思う方が多いでしょうが、意外と多いのがベランダからの雨漏りです。
ベランダの雨漏りは、家の木材が腐食したり、シロアリが発生したりと被害に繋がる場合があります。
ベランダからの雨漏りの原因は、笠木からの雨漏りが多いです。
ベランダの場合は、物や人が落ちないように必ず外周に手摺り壁が設けられていますが、その手摺り壁の最上部をカバーするように設置されている仕上げ材が笠木といいます。
ベランダの笠木は雨漏りを防ぐための防水機能の役割が大きいといえます。
ほとんどのベランダがコの字型だと思いますが、笠木の繋ぎ目には隙間が生じますので、その隙間をシーリング材で固定・防水しますが、シーリングが劣化することにより雨水が浸水して雨漏りへと繋がります。
他にも打ち込まれたビスの部分や外壁との取り合い部分にも注意が必要です。
コラム~意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏りはこちらからもご覧ください。
ベランダ雨漏り
またベランダからの雨漏りの原因で多いのは、防水床面の劣化による雨漏りも多いです。
ベランダは屋根同様に日々紫外線や雨風にさらされていますので、床面に施工されています防水シートやFRP防水・ウレタン防水などが経年劣化してしまいます。
その結果、ひび割れ・剥がれ・破れなどが起こってしまい雨漏りが発生してしまいます。
そのため定期的に点検及び劣化が起こる前にトップコートを塗布をするなど適切なメンテナンスをして雨漏りを防ぎましょう。
更に、ベランダの排水口も雨漏りの原因の多い箇所です。
排水口に落ち葉やゴミなどが溜まって水が流れなくなったりして、常に水が溜まっていますと鉄製の排水口などは錆などを発生して劣化してしまい、その隙間から雨水が浸水して雨漏りの原因になります。
そのため定期的に、排水口のゴミなどを取り除く掃除をしたり、劣化のしにくいステンレス製の排水口への交換をすることで排水口からの雨漏りを防ぐ予防になります。
最後にベランダからの雨漏りを放っておくと家全体の腐食が進行し、外壁やその下の防水紙まで交換になったりメンテナンス費用も大きくなりますので、定期点検・早期メンテナンスを心掛けしましょう。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878