オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市で屋上・ベランダの防水の表面が剥がれたらどうすればいいのか


山口市にお住まいのお客様から「ベランダの床の表面が剥がれて、このままだと雨漏りしないか心配だから見てほしい」とご依頼がありました。
今回ご依頼の方のようにベランダの床面の剥がれを気にされている方もいるでしょうが、屋根や外壁ほど気にしていないという方がほとんどではないでしょうか?
ですが、ベランダが雨漏りの原因になることもあるので、メンテナンスをする必要があります。
屋上やベランダ・バルコニーの防水の表面が剥がれたらどうすればいいのか、お伝えします。
ベランダの床面
屋上やベランダ・バルコニーには、水が入らないように表面を防水層で覆っています。
防水層は紫外線に弱いので、劣化を抑制するために、防水層の上にトップコートで保護しています。
防水の表面の剥がれは、このトップコートが剥がれていることが多いです。
トップコートが剥がれていても、下には防水層があるので漏水することはありません。
ですが、防水層が露出することで、直接、紫外線が当たり、防水層の劣化を早めてしまいます。
トップコートが剥がれているだけなら、塗り替えることでメンテナンスできます。
トップコートの剥がれを放置していると防水層が劣化して、防水層が剥がれたり、損傷して、新しく防水工事をしなければならず、トップコートの塗り替えと比べて費用がかかります。

表面の剥がれをトップコートが剥がれているだけだとご自分で判断したり、自分で補修するのはやめましょう。
防水性のある塗料を塗ればいいというわけではなく、既存の防水層の状態にあわせた工事を行う必要があります。

小さなひびや剥がれを放置することで防水層の劣化が進んでいきます。
そのため、屋上やベランダ・バルコニーの防水の表面が剥がれたら、できるだけ早く専門の業者に点検をしてもらい、トップコートの塗り替えや防水工事など、状況にあわせたメンテナンスを行いましょう。

防水工事の詳細はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878