オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋上やベランダの防水工事の時期とメンテナンス


屋上(陸屋根)やベランダ、バルコニーには建物の内部に雨水が浸入しないように防水処理が施されています。
防水処理は経年により徐々に劣化していき、防水性が低下し、雨漏りにつながります。
そのため、防水工事をして防水性を回復させる必要があります。
今回のコラムでは、防水工事を行う時期とメンテナンス方法をお伝えします。
屋上(陸屋根)
屋上(陸屋根)やベランダ・バルコニーは、傾斜がほとんどなく、凹型になっているので雨水が排水されにくく溜まりやすい構造をしています。
そのため、防水性のあるシートやウレタン樹脂などで防水層を形成し、全面を覆うことで雨水の浸入を防いでいます。
防水層は紫外線や風雨、温度差などで劣化していくので、防水工事が必要になります。
防水工事のプライマー塗布
周南市で行ったウレタン防水工事の様子です。
ウレタン防水の詳細はこちらをご覧ください
FRP防水のガラスマット張り込み
FRP防水工事の様子です。
FRP防水の詳細はこちらをご覧ください
新築から10年程度経過すると防水層の表面の色褪せやひび割れなどの劣化が見られるようになります。
防水層の表面は、防水層を保護するためのトップコートが塗布されています。
このトップコートは、あくまでも防水層を保護するためのもので、防水の役目はありません。
トップコートを塗り替えることで、防水層の劣化を抑えることができ、防水層の寿命を延ばすことができます。
新築または防水工事から10年程度なら、トップコートの下にある防水層が傷んでいない可能性が高いので、トップコートの塗り替えで対応できます。
この時点でメンテナンスを行うことで防水工事の費用を抑えることができるので、おすすめです。

防水層自体にひび割れや剥がれがあると、トップコートの塗り替えでは対応できず、防水層の劣化に合わせて防水工事を行います。
防水層の劣化が軽微な場合には防水層の上から新しい防水層を形成し、防水層の劣化が激しい場合には劣化した防水層を剥がして新しく防水層を形成します。
既存の防水層を剥がすと手間がかかり工事費用が高くなるので、防水層が劣化する前に防水工事を行うことをお勧めします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878