オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、陸屋根の防水工事(ウレタン)補修について


ウレタン防水の屋上
まず、ウレタン防水とは、マンションや陸屋根などの平らな屋根に行う防水工事の一つになります。
液体状のウレタン樹脂を複数回塗ることでつなぎ目のない防水層を作り出し、雨水の侵入を防ぐことができます。
施工も簡単で、防水工事の中でも安価で別の防水の施工がされていても上から重ね塗りもでき最も主流の改修用防水工事になります。
約5年から6年ごとにトップコートを再塗装することで約15年程度防水効果を保つことができます。
ウレタン防水は液体状のため、屋上、ベランダ、バルコニーいろんな場所に適しています。
ウレタン防水の補修のサインは、防水工事をして10年以上経過している場合は防水工事を依頼し、5年ほどの場合は防水層を覆っているトップコートを塗り替えるといいでしょう。
メンテナンスは早めの方がいいです、雨漏りをしていなくても、目視可能な個所は定期的に劣化していないか見た方がいいです。
ウレタン防水は業者に依頼した方がいい、何故なら市販品と業者が使用するものでは性能が異なることやきちんと施工できないことがあり、数年もしないうちに劣化する可能性があるからです。

防水工事の詳細はこちらから



シート防水の立ち上がり
チェックポイント(緊急性はないけれど要注意する)表面が色あせている、ひび割れが発生している、ルーフドレン(水を外部に流す為の排水溝)の周りにごみが溜まっている、雨上がりなど一部に水が溜まっている、コケや藻や雑草(断水層まで根が生えているかもしれないのでむやみに抜くのはやめた方がいいです)
シート防水の剥がれ
早急に業者に依頼する症状、室内に雨漏りが発生している、断水層が膨れている、ルーフドレン(水を外部に流すための排水溝)が詰まっている、このようなときは街の屋根やさん周南店に依頼しましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878