オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、防水工事について


屋上(陸屋根)は、一般的な傾斜のある屋根と比べて、雨漏りのリスクが高い屋根です。
屋上やベランダ・バルコニーには漏水を防ぐために防水工事が施工されています。
一般的な屋根では屋根材の劣化が雨漏りにつながってしまいメンテナンスが必要になりますが、それと同じように屋上の防水層が劣化すると雨漏りの原因になるためメンテナンスが欠かせません。
本日のコラムでは、屋上やベランダ・バルコニーの防水工事について紹介します。
屋上
一般的な屋根には傾斜があり雨水が流れやすいので雨漏りのリスクは低いと言えます。
ですが、屋上やベランダ・バルコニーにはほとんど傾斜がなく雨水が排水されにくく、凹型で周囲を壁で囲まれていることから雨水が溜まりやすく、雨漏りのリスクが高くなります。
防水工事で防水層を形成することで、雨水の浸入を防いでいますが、紫外線や風雨などにより徐々に傷んでしまい防水性が低下します。
そうすると雨水が建物内部に浸入して、天井や壁に染みをつくったり、カビを発生させ喘息やアレルギーなどの健康被害につながります。
また、木造であれば柱や梁の腐食、鉄骨造であれば骨組みに錆を発生させ、建物の寿命を短くしてしまいます。
そのため、一般的な屋根同様、定期的な点検やメンテナンスが必要になります。
屋上の水溜り
・水溜り
水溜りができる場合には排水性が悪くなっている可能性があります。
水をためるようにはつくられておらず、水が溜まることで、防水層が傷みやすくなります。
ドレンの詰まりや防水層の浮きなどが原因で排水不良が起きます。
屋上のシート防水の色褪せ
・色褪せ
防水層の表面にはトップコートが塗られており、防水層を保護しています。
色褪せは、このトップコートが劣化している証拠で、保護機能が低下することで防水層が劣化しやすくなります。
防水層の傷
・傷、ひび割れ、亀裂
風雨や歩行、飛来物により防水層が傷付いてしまいます。
表面のトップコートのみにひび割れがある場合には、すぐに雨漏りすることはありませんが、防水層が傷付いていると雨漏りの可能性があります。

防水層の浮き・剥がれ
・浮き、剥がれ
防水層と下地の密着性がなくなり、防水層が浮いたり剥がれてしまいます。
剥がれた箇所から雨水が浸入してしまうため、剥がれがある場合には早急なメンテナンスが必要です。
トップコートを塗り替え後のシート防水
・ウレタン防水
液状のウレタン樹脂を塗ることで防水層をつくる防水工事です。
塗料なので複雑な形状の場所でも確実に施工でき、低コストなため主流な防水工事です。

ウレタン防水の詳細はこちらをご覧ください
屋上のシート防水
・シート防水
防水性のあるシートを敷くことで防水層をつくる防水工事です。
紫外線や熱に対して耐久性が高いため、耐用年数が長いのが特徴です。
シートを敷くので、複雑な形状には不向きです。

シート防水の詳細はこちらをご覧ください
FRP防水のベランダ
・FRP防水
浴槽や貯水槽などに用いられるFRP(繊維強化プラスチック)を使用した防水工事です。
ウレタン防水と同じように塗料を使用するので、複雑な形状でも施工でき、防水層に継ぎ目ができません。
屋上駐車場として利用できるほど頑強で、工期が短く、防水性・耐久性にも優れています。

FRP防水の詳細はこちらをご覧ください
アスファルト防水の屋上
・アスファルト防水
アスファルトを含有またはコーティングしたシートを重ねていく防水工事です。
一般住宅の屋上にはあまり施工されず、ビルやアパートの屋上などの広い面積の施工に適しています。
工法によっては、アスファルトを溶融するために設備が必要だったり、臭いが発生します。
屋上やベランダ・バルコニーの防水層の劣化を放置していると雨漏りして、大きな被害につながってしまいます。
防水層の劣化を見逃さないよう定期的に点検をし、傷みがある場合には防水工事を行うことが建物を長持ちさせるうえで大切です。
光市で屋上やベランダ・バルコニーの点検・メンテナンスをご希望の方は、街の屋根やさん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878