オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市の方へ、防水工事について


水分は建物を劣化させる原因となります。
建物を長持ちさせるためには雨水の浸入を防ぐことが大切です。
建物の屋上やベランダ、バルコニーには雨水の浸入を防ぐために防水が施されていますが、経年により劣化してしまいます。
雨漏りしてから修理をしたのでは工事費用が多くかかってしまうので、雨漏りする前に防水工事をすることをおすすめします。
本日のコラムでは柳井市の方へ、屋上やベランダ、バルコニーの防水工事についてお伝えします。
屋上(陸屋根)
屋上に防水工事が施されていないと雨水が浸透して建物の内部に浸入します。
木造住宅であれば水分が柱や梁などを腐食させてしまい、鉄筋・鉄骨造であっても水分が錆を発生させ柱などにダメージを与えます。
天井のシミや剥がれ、カビの発生による悪臭や健康被害などの原因にもなります。
雨漏りをそのままにしていると、建物の寿命を短くしてしまいます。
そのため、防水が劣化しないように定期的に防水工事を行うことが大切です。
ベランダ
ベランダの床面
屋上だけでなく、ベランダやバルコニーも同様です。
ベランダ・バルコニーの下の部屋の雨漏りの原因になります。
外壁から突き出ている形状のベランダであっても、防水が劣化するとベランダの下地・構造を腐食させてしまい耐久性に問題が生じます。

ベランダ・バルコニーからの雨漏りには、笠木(かさぎ)が原因のものが意外と多いので気を付ける必要があります。
笠木はベランダ外周の壁の頂上にかぶせられている仕上げ材です。

笠木からの雨漏りについてはこちらをご覧ください
シート防水
シート防水の陸屋根
・シート防水
厚み1.2~2.5mm程度の防水性のあるシートを敷いて漏水を防ぐ防水工事です。
用いられるシートには、ゴムシートと塩ビシートがありますが、耐久性の高さや紫外線に強いことから塩ビシートが防水が主流です。
シート防水には、低コスト、工期が短いというメリットがあります。
複雑な形状や障害物の多い場所への施工は、シート防水の弱点であるシートの継ぎ目が多くなるため、不向きです。

シート防水の詳細はこちらをご覧ください
ウレタン防水の屋上
ベランダ防水工事の施工後
・ウレタン防水
液状のウレタン樹脂を塗ることで防水層をつくり、漏水を防ぐ防水工事です。
液体なので、複雑な形状や障害物のある場所であっても確実に施工でき、低コストというメリットがあります。
塗料が硬化するのに時間がかかるため、施工期間が長くなります。
厚みが均一になるように塗り重ねなければならず、職人の腕次第で仕上がりに差が出てしまいます。

ウレタン防水の詳細はこちらをご覧ください
FRP防水のベランダ
ベランダのFRP防水
・FRP防水
FRP防水は、繊維のガラスマットと液状のポリエステル樹脂で防水層をつくり、漏水を防ぐ防水工事です。
ウレタン防水と同じように液状の材料を使用するので、複雑な形状の場所でも施工できます。
ポリエステル樹脂の硬化が早く、短い期間で施工できます。
強度が高く、人の歩行だけでなく、自動車の走行にも耐えられるため屋上駐車場にも施工されます。
他の防水工事と比べてコストが高いというデメリットがあります。
また、伸縮性が低く建物の動きに追従できず、変形量の大きい場所では防水層にひびが生じやすいため、不向きです。

FRP防水の詳細はこちらをご覧ください
防水工事のメンテナンスを怠ると、雨漏りを引き起こしてしまいます。
室内への被害拡大を抑えるために定期的な点検をして、防水層の状態にあった適切な防水工事を行いましょう。

柳井市で屋上やベランダ・バルコニーの防水工事を検討されている方は、街の屋根屋さん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878