オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、陸屋根のウレタン防水工事(部分補修)について


IMG_3874_R
防水工事には様々な種類がありますが、その中で最も主流なのがウレタン防水で、雨水から建物を守るためにも防水工事は必要なものなのです。
こちらの写真は実際に山口県下松市で屋上の一部をウレタン防水で補修し完成させたものです。
ウレタン防水の特徴やメリット、デメリットを紹介していきます。
陸屋根の屋上、ベランダ、バルコニーなどで使われている防水工事の一部で、液状のウレタン樹脂を塗り、塗膜による防水層を作ることで雨水の侵入を防ぎ、液状なのでつなぎ目のない防水層を作ることが可能でどんな箇所でも施工ができるのがウレタン防水の特徴です。
工事費用が安価で施工性が高く、工期が短いなど様々なメリットが存在しますが手作業で行うため膜厚が均一にならないことがあるため作業には職人さんの技術力が必要となってきます。
乾燥時間が必要なためよく人が行き来する箇所には向いていない防水工事です。
山口県下松市で防水工事でお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。

防水工事の詳細はこちらから


IMG_3877_R-columns2
ウレタン防水工事の手順です。
部分補修のため塗らない箇所はナイロンなどで養生をしていきます。
補修を行う箇所に下地調整のためのペースト状にしたモルタル樹脂を塗っていき緩衝シートを張り不陸を調整していき、ジョイント部分が一番弱い箇所になってくるので補強でクロスを入れてウレタン防水を塗布していきます。
トップコートを塗るまでの作業です。
IMG_3880_R-columns2
最後にトップコートを塗って補修の完成です。
トップコートには防水の役割はなく、ウレタン防水材の保護という意味で強いものが完成します。

本来であれば全面を施工する方がこのましいですがお客様の様々な事情なのがあるため、お客様のご要望に合わせた防水工事を行っていきます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878