オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口の方へ、防水施工について


山口で防水施工を検討されている方へ参考になるコラムを紹介していきます。

防水施工には様々な種類の施工方法がありますが、建物にどの防水施工が一番適しているか専門業者と相談の上に決めることをお勧めします。

防水施工の種類

防水施工種類 お勧め箇所 防水層の厚さ
ウレタン防水 約12年 3.00mm~
FRP防水 約10年 3.00mm~
シート防水 約13年 1.2mm~
アスファルト防水 約20年 5.0mm~
ウレタン防水の屋上
ウレタン防水工事
IMG_3880_R-1-columns3
ウレタン防水施工について。

特徴
ウレタン防水とは、液状のウレタン樹脂を手作業で塗り重ねていく工法です。
液状なので下地の形状になじみやすく水密性が高いのが特徴で、施工箇所が複雑な個所にも対応できる防水施工です。
ですが、手作業で塗り重ねていくため仕上がりは異なります。

メリット
ウレタン防水とは、ウレタン樹脂といった液状で防水層を形成する工法です。
防水施工が短期間で終わり、安価で防水施工ができるといったメリットがあります。
既存の防水層があってもその上からでも防水施工ができ、高性能のウレタンを塗り重ねすることで防水効果を高めることもできます。

デメリット
ウレタン防水は安価で防水層を塗膜できるため、幅広くで防水施工ができます。
ウレタン防水にはデメリットらしいところがありません。

ですが先ほども伝えましたが、手作業で行うためどうしても職人さんにより仕上がり具合が違います。
FRP防水のガラスマット張り込み
ベランダのFRP防水の排水口
FRP防水施工後のベランダ
FRP防水施工について。

特徴
ガラス繊維を使用しているため強度、耐久性に優れています。
被覆防水層を形成している工法で、この防水層は耐水性、耐候性にとても優れています。

メリット
FRP防水施工はとても優れている防水工事です。
ガラス繊維で強化されているのにもかかわらず軽量で耐久性が高く、車両などの行き来も可能なのです。
FRP防水はつなぎ目のない防水で、密着性が強い防水で下地の膨張、圧縮、剝離の心配はないです。

デメリット
FRP防水はプラスチックで構成されているのでいくつかですが欠点があります。
プラスチックなので紫外線があたると劣化してひび割れが起こるので、定期的なメンテナンスでトップコートを塗り替えないといけないのです。
伸縮性が無いため、建物が地震なので揺れた場合ひび割れの可能性があります。
シート防水
シート防水の屋上
ゴムシート防水施工について。

メリット
シート防水の一番のメリットといえば下地を選ばずに施工できることです。
なぜ下地を選ばず施工できるのかというと、シートを上からかぶせても防水機能が発揮できるため防水以外の工事を行った上からでも防水施工が行える工事なのです。
シート防水は直接接着しない工法を使用することで、湿気の影響をほぼ無くすことができます。

デメリット
シート防水は凹凸、固定されているものがあるところに防水施工するのは向いていないです。
シート状の防水材なので複雑な個所を覆うことが難しいのです。

複雑な場所への防水施工は液状のものを使用するウレタン防水がおすすめです。

アスファルト防水の押えコンクリート
アスファルトシングル屋根を撤去
アスファルト防水の屋上
アスファルト防水の特徴とは?
防水施工の中では一番古くから使用されている防水工事です。
アスファルト防水は合成繊維不織布にアスファルトを含めたシート状のルーフィングを張り重ねた工法です。

メリット
アスファルトルーフィングは工場から出荷されているため特定の厚みがあるため、防水効果が高いです。
接着性、防水性を最大限に確保しながらも、火を使用せずにできる工法も存在します。

デメリット
アスファルト防水で熱工法を使用する場合には、おおがかりな設備が必要となります。
熱工法を使用する場合には必ずですが近隣への配慮が必要です。
騒音問題、匂いが発生するので注意が必要です。
様々な防水施工の特徴、メリット、デメリットを紹介しました。
山口の方へお住いの方は防水施工について参考になるコラムだと思います。

山口にお住いの方で防水施工を検討されている方は、街の屋根やさん周南店にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878