オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で台風の被害にあった屋根にブルーシートで応急処置


台風がくると屋根に大きな被害が出てしまいます。
雨漏りしてしまうことも多く、室内に水浸しになることもあります。
すぐに屋根工事ができればいいのですが、被害が出た日に業者に連絡したとしても、
現地調査→見積り・契約→屋根工事、という流れになり、屋根工事の着工までには時間がかかります。
屋根工事の着工までに雨が降ると被害が拡大してしまいます。
そこで必要なのが応急処置です。
屋根のブルーシート
画像は、周南市で行った応急処置の様子です。
「雨漏りしたので見積もりを出してほしい」とご依頼があり、台風で瓦屋根の棟が崩れて雨漏りをしていました。
ブルーシートを掛けて、雨水が浸入するのを防ぎます。

雨水が浸入しないように行う応急処置を雨養生といいます。
雨養生をしないと、屋根の雨漏りを直すまでの間に、柱や梁などの躯体を傷めたり、家財の損傷、漏電による火災などの二次被害が考えられます。
街の屋根やさん周南店では、雨漏りの点検をさせていただいた時には、ブルーシートで雨養生を行います。
まずは、屋根全体を点検して、雨漏りしている箇所を特定します。
ブルーシートは雨漏りしている箇所よりも上の方が全て覆われるように広めに掛けます。
当然のことですが、雨水は上から下に向かって流れてきますので、上から流れてきた雨水がブルーシートの下に入り込んでしまうからです。
ブルーシートがズレたり、飛散しないように土嚢で固定します。

屋根の上での作業は非常に危険ですので、ご自分で点検や応急処置をすることはやめて、必ずプロに任せましょう。

台風や地震などの災害の後には、屋根をブルーシートで雨養生しただけで高額な請求をしてくる悪徳業者に注意が必要です。
雨漏りしていると気付くのは、天井から水滴が落ちてきた時が多いのではないでしょうか?
そんな時には、レジャーシートや新聞紙の上にバケツを置いて室内が濡れるのを防ぎましょう。
バケツの底にタオルや雑巾を置いておくと、水が跳ねて飛び散るのを防ぐことができます。
ただし、水が溜まると効果がなくなりますので、こまめに水を捨てるようにしてください。
台風などで屋根に被害が出た時には、被害が拡大する前にブルーシートなどで雨養生をすることが大切です。
危険ですのでご自分で点検や応急処置を使用とせずに、街の屋根やさん周南店の無料点検をご利用ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878