断熱塗料と遮熱塗料は何が違うの?2つの塗料の特徴と費用


塗装後のカラーベスト屋根
今回のコラムでは、断熱塗料と遮熱塗料の違いについてお伝えします。

断熱塗料とは

断熱塗料は、熱伝導を抑える塗料です。
「熱伝導」とは、物体内の高温部から低温部へ向かい熱が移動する現象のことです。
太陽光の熱が屋根から内部に伝わるのを抑えることで、室内の温度上昇を抑制します。
室内の熱を外へ逃さないことで冬場は室温を保てます。
また、断熱塗料には遮熱塗料と同様に、熱を反射する機能もあります。
夏は涼しく、冬は暖かく、一年中快適な空間を作ってくれる塗料です。

株式会社日進産業の「GAINA(ガイナ)」がおすすめです。

遮熱塗料とは

太陽光線の中で赤外線の照射を受けた面は、赤外線を吸収することによって熱を発生します。
太陽光の赤外線を効率よく反射することで、建物が受ける熱の影響を低減して、室内の温度上昇を抑える塗料です。
夏の暑い日でも室内の温度上昇を抑え、快適な環境を作ります。

断熱塗料と遮熱塗料の違い

断熱塗料と遮熱塗料の最大の違いは、冬の保温効果があるかどうかです。
夏場は室内の方が温度が低いため、熱が室内に伝わります。
冬場は室内の方が温度が高いため、熱が室内から逃げていきます。

断熱塗料は、熱伝導を抑えることで、一年中効果を発揮します。
それに対して、遮熱塗料では、室内の熱が逃げるのを防ぐ効果はないため、夏だけ快適な空間を作ります。

室内に塗装するための断熱塗料も存在します。
断熱塗料は、熱の伝達を抑えるので、室内に塗装することも非常におすすめです。

遮熱塗料の費用は通常のシリコン塗料とそれほど違いはありませんが、断熱塗料は遮熱塗料より価格が高くなります。

断熱塗料・遮熱塗料のどちらにしても省エネ効果を期待できます。
そのため、塗り替えをお考えの方は、断熱塗料・遮熱塗料での塗装を検討されてはいかがでしょうか?

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878