オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、雨漏りの原因になりやすいドーマーやトップライト(天窓)とは?


ドーマー
屋根にドーマーやトップライト(天窓)を設置すると、オシャレになり重厚感出て、太陽の光で室内も明るくなるなどメリットも多いですが、大変雨漏りの原因になりやすい場所でもあります。
ドーマーとは英語でdormerで和訳は屋根窓で、屋根から突き出した小さな三角屋根や片流れとその屋根のことです。
主に、屋根裏や室内への採光・通気を目的に付けられています。
ドーマーは、屋根中央部分に窓があるわけですから、その窓から太陽光が射し込み部屋に大量の採光量を確保できます。
また屋根中央部分に窓があるため、その窓を開ければ自然な風が入り込み通気も確保できます。
しかしドーマーも良い点ばかりではなく、雨仕舞いはされているのですが屋根面が立体になり、どうしても雨漏りの危険性は上がります。
ドーマーから雨漏りしたり壊れたりする原因は、経年劣化もですが台風などの強風の影響もあります。

天窓
トップライト(天窓)もドーマー同様に雨漏りの多い場所になります。
トップライト(天窓)とは、採光や換気を目的とする屋根の部分に取り付けられる窓のことです。
採光の面では、通常の窓と比べて3倍の採光量があり、住宅密集地などではトップライト(天窓)があるとあ隣さんを気にせず光を取り入れられるためプライバシーの保護にもなります。
更に、日中の採光を期待できるため、照明器具の使用を抑えられるため省エネ効果もあります。
また開閉式のトップライト(天窓)ですと、通風量が通常の窓と比べて2~4倍向上し、心地よい室内環境を維持できます。
しかしトップライト(天窓)にもデメリットはあり、屋根に穴を開けて設置しているため通常の屋根と比べると雨漏りの危険性は上がります。
トップライト(天窓)事態に寿命があり耐用年数の目安としては、20年から30年といわれています。
そのためトップライト(天窓)交換工事などメンテナンスが必要になります。
最後にドーマーやトップライト(天窓)は、採光面や通気面でも良い点もありますが、大変雨漏りの多い部材になりますので、定期点検やメンテナンスを心掛けしましょう。
トップライト(天窓)交換工事のコラムはこちらからご覧ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878