オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、ドーマーとは?屋根にドーマーを付けると雨漏りしやすくなるの?


ドーマーとは

ドーマーの付いたスレート屋根
ドーマーとは、屋根から突き出した小さな屋根とその窓のことです。
ドーマーは英語の「dormer」で、その和訳は「屋根窓」です。
主に屋根裏や室内への採光・通気の目的があり、ヨーロッパ調のデザイン用パーツとして付けることもあるようです。

ドーマーのメリット

〇採光
  陽当たりの良い屋根に窓があるため、窓から太陽光が射し込み、小さな窓でも十分な量の光を室内に届けることができます。

〇通気
  開閉可能なドーマーであれば、その窓を開けることで自然な風が入り、部屋の通気を確保できます。
  
〇デザイン性
  屋根に重厚感や高級感を演出することができます。
  西洋風のオシャレな外観で、本格的な洋式住宅を希望される方に人気です。

しかし、採光と通気に関しては、天窓(トップライト)で代用が可能です。

ドーマーのデメリット

〇雨漏りの危険性
  ドーマーを取り付けることで、必然的に屋根の形状が複雑になります。
  棟部分や屋根と屋根の取り合い部分は雨漏りの発生しやすい箇所で、ドーマーがあるとそういった箇所が多くなります。
  屋根の形状が複雑になればなるほど継ぎ目が多くなり、その隙間から雨水が侵入する可能性が高くなります。
  雨水の浸入防止に防水紙を立ち上げたりと雨仕舞に工夫はされていますが、雨漏りの危険性は上がります。

〇部屋の温度上昇
  ドーマー部分には断熱材もなく、部屋に日差しが射し込むため、夏場には必要以上に部屋の温度が上がります。

〇太陽光パネルの設置の邪魔
  小さな屋根ができ、凸凹ができるのでドーマーがある部分には、太陽光パネルを設置できなくなります。
  太陽光パネルを設置できる面積が狭くなるので、余程大きな屋根でないと設置は困難です。

〇メンテナンスが困難
  ドーマーがあると屋根の構造が複雑になり、屋根のメンテナンスが難しくなります。
  ドーマーのメンテナンスでは、屋根との取り合い部分が問題となり、板金部分に手を加える必要があるため、その分手間がかかり、メンテナンス費用が高額になります。

まとめ

ドーマーを設置することで採光・通気・デザイン性などのメリットはありますが、雨漏りの危険性が高まりますので、ヨーロッパ調の屋根に強いこだわりがある方以外は、設置しないことをおすすめします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878