オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、ベランダやバルコニーに使われるFRP防水とは?


FRP防水
ベランダやバルコニーの床は紫外線や雨の影響を受けるため、防水工事を行わないといけません。
今回は防水工事の一つ「FRP防水」についてお伝えします。
FRP防水とは、不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を混ぜ、ガラス繊維などの補強材と組み合わせた防水工法です。
更にFRPとは、「繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced plastics)」の略です。
繊維強化プラスチックとは、ガラス繊維のような強化剤で補強されたプラスチックのことをいいます。
プラスチック材料の中でも衝撃性に強く、耐水性や成形性が良いことから、ベランダやバルコニーの床だけでなく、自動車のパーツや屋根材・バスタブ・浄化槽など様々な成型品に利用されています。
特に住宅で使用される際には、FRPの重さが3~5kg/㎡程度と非常に軽いため、建物へかかる負担が少なくすみます。
また軽量でありながら、重量に耐えられる強度もあるため、屋上駐車場の床にもよく使われています。
更にFRPは摩耗性も強いため、日々洗濯物を干すベランダを歩き回っても、剥がれにくい特性を持っています。
工事の工期が短いのも特徴で、塗膜の硬化が速いため何層も重ねる工事であっても、1日~2日で完了します。

ベランダ排水
しかしFRP防水にもデメリットはあり、施工中の臭いでポリエステル樹脂特有の刺激臭が気になる方もいらっしゃるかもしれません。
またFRPは基本的にプラスチック素材ですので、長期間の紫外線に弱く劣化してひび割れてしまうことがあり、5年に一度のトップコートの塗り替えを怠らないことが重要です。
更に伸縮性が良くないので、木造住宅の場合は木の収縮により、ひびが入ってしまうこともあり施工する場所の下地が鉄の場合も向いてません。
施工費用もほかの防水工法に比べてメリットも多いですが、材料費が高額なため広い面積の場所には向いてないといえるでしょう。
最後にベランダやバルコニーは大変雨漏りの多い所ですので、5~15年の周期で防水対策をすることが家全体を守ることになります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878