オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、防水性に優れたベランダやバルコニーのFRP防水の特徴は


FRP防水
FRP防水とは、屋上やベランダ・バルコニーに使用される防水の中でも非常に硬い防水層を形成し、緑化計画や駐車場の床への使用が可能などユニークな性質を持っています。
更に建物の劣化を防ぐ防水工法の中でも、注目されているのがFRP防水という工法です。
FRPとは、繊維強化プラスチックの略称のことで、繊維強化プラスチックとはガラス繊維のような強化剤で補強されたプラスチックのことをいいます。
FRPはプラスチックの中でも耐水性や強度にすぐれ、衝撃に強いことから自動車や屋根材やバスタブなどに使われています。
浴室のバスタブにも使用されているように、大変防水性に優れていることがわかるでしょう。
FRP防水では、不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を混ぜてガラス繊維などの補強材と組み合わせた防水工法です。

FRP防水
FRPはほかの防水材と比べても軽く、衝撃や摩耗に強いためベランダやバルコニーや屋上に向いています。
更に、非常に軽いため住宅に掛かる負担も少ないため、木造住宅や築年数の古い住宅にも使用することができます。
しかし、下地への接着力が強いため地震などの強い揺れの際には割れてしまうことがあります。
またFRP防水の施工の際に使用する、ポリエステル樹脂特有の刺激臭が気になるという方もいるかもしれません。
FRP防水のメンテナンス時期としては、FRP防水は紫外線に弱いためひび割れなどが起きやすいという特性があるため、トップコートの塗り替えは5年ごとにすると良いでしょう。
最後に、ベランダやバルコニーは日々雨風にさらされているため劣化も進行しやすい場所ですので、適切な防水工事をすることで建物そのものの劣化を防ぐ効果もありますので、ベランダやバルコニーの防水層を新たに施工する際には、ほかの防水工法に比べて軽さや施工の速さ、耐久性の上で優れたFRP防水を検討してみてください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878