オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市で屋上やベランダをFRP防水でお考えの方へ


FRP防水
陸屋根やベランダなどの防水で使用されるFRP防水について、お伝えします。
FRP防水は、防水用ポリエステルで防水層を形成していき、強い硬質な防水層を作ることが可能で住宅のみならず商業施設の屋上駐車場などにも使用されています。
FRPとは繊維強化プラスチック(Fiber Reinforceed Plastics)の略称で、プラスチック材料の中で耐衝撃性に強く、耐水性や成形性がよいとことから建物の防水材のみだけでなく成形品では、ボート・自動車のボディパーツ・浄化槽・浴槽・船体などに用いられるほどの防水性があります。
しかし、硬くて下地への接着力が強いので、地震などの大きな揺れで下地の動きに追従できずに割れてしまうことがあります。
それは防水層に強度はありますが、伸び縮みをしないためです。


FRP防水
FRP防水の工法は、ポリエステル樹脂を塗布した上にガラスマットを張り付け、その上からポリエステル樹脂を合浸させて硬化させた後、さらに所定料のポリエステル樹脂を塗布して防水層を作り、最後に防水層を紫外線などから保護するためにトップコートを塗布して完了になります。
ここ数年新築の住宅において屋上の使用目的の多様化によってFRPを使用した防水工事も増加傾向にあります。
既にFRP防水にて施工されてる場合には、紫外線による防水性の劣化防止と防水機能の維持という観点からトップコートを5年に一度ぐらいの周期でメンテナンスをすると、防水層の作り替えにならずランニングコストを抑えることができます。
また環境や立地にもよりますが、定期的にトップコートのメンテナンスをした場合の寿命は25年程度になります。
寿命を迎えた場合でも表面の状態が良好ならば、その上に再度FRP防水を作ることも可能です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878