オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩国市の方へ、ベランダ・バルコニーの防水施工「FRP防水」とは?


FRP防水
ベランダやバルコニーの防水施工の「FRP防水」とは、繊維強化プラスチック(Fiber Reinforceed Plastics)の略称で、プラスチック材料の中で耐衝撃性に強く、耐水性や成形性がよいことからベランダやバルコニーのみではなく、自動車や屋根材やバスタブなどにも使われています。
FRP防水は、不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を混ぜ、ガラス繊維などの補強材と組み合わせた防水工法です。
防水層を作る製法ですが、防水用のポリエステル樹脂と防水用のガラスマット、そしてトップコートからできています。
FRPはほかの防水材と比べても軽く、衝撃や摩耗に強いため、ベランダや屋上に向いています。
しかし下地への接着力が強いので、地震などの揺れで割れてしまうこともあります。


FRP防水
FRP防水は、「塗膜防水」と呼ばれる工法の一種で、防水をする現場において液状の防水材料を塗って防水の膜を作る工法です。
液体を回数を重ねることで、防水加工をしていきます。
ほかの塗膜防水では、「ウレタン防水」もあり、ウレタン防水は比較的簡単に技術が取得でき、軽量なため使用されていましたが、職人の技術により仕上がりにムラがあったり、乾くのも遅く施工に時間が掛かるのが通常でした。
しかしFRP防水は、ウレタン防水に比べ硬化が速いため、施工時間も短縮でき軽くて強く、仕上がりの見た目も美しいということで、人気も高まっています。
最後にベランダやバルコニーは、日々紫外線や雨風に晒されています。
ベランダやバルコニーは雨漏りの原因の多い場所で、防水工事をすることによって雨漏りを防ぎ、更に建物そのものの劣化を防ぐ効果もあります。
ベランダやバルコニーを防水施工する際には、軽さや強度、施工の速さ、耐久性の上で優れた「FRP防水」を取り入れてみることをお勧めします。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878