ガルバリウム鋼板も劣化します!そんなガルバリウム鋼板の特性は?


ガルバリウム鋼板は、近年屋根材や外壁などで使用する事例が増えてます。
しかし劣化しにくいなどの、過度な性能期待をされすぎてる背景もあり今回はそんなガルバニウム鋼板の特性についてお伝えします。
ガルバニウム鋼板とは、金属の板の一種です。
ガルバニウム鋼板は、めっき金属にアルミニウムと亜鉛、シリコン(ケイ素)の合金を用いたもので、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で構成されています。
アルミニウムが、めっき層表面に強固な不動態皮膜を形成してめっき層を保護し、亜鉛がめっき層の腐食進行を抑制するため、全体として高い防食性を発揮します。
ガルバニウム鋼板は、アルミニウムの耐食性と亜鉛の防食機能でサビを防ぐので、従来のカラー鉄板よりも格段に耐久性に優れた素材として、近年では多くの住宅の屋根や外壁に使用されています。
ガルバニウム鋼板は、金属で出来ているにもかかわらず、非常に錆びにくいため美観を損なう恐れが少ない点も広く使用されることでしょう。
また、ガルバニウム鋼板は瓦屋根やスレート屋根に比べて、緩い勾配にも幅広く対応することが出来ます。





ガルバニウム鋼板
ガルバニウム鋼板の悪い点としては、軽量で加工しやすいといわれますが、施工には加工技術が必要で、コストの面でも和瓦よりは安いですが、スレート屋根や他の金属屋根よりも高くなります。
施工時にガルバリウム鋼板の表面に傷がつくと、メッキがはがれ赤サビ発生の原因になります。
また端部等の切断時に発生する鉄粉をきちんと処理しないで屋根上に放置したままにすると、もらいサビが発生する原因になるので、施工には細心の注意が必要です。 
ガルバリウム鋼板に発生する赤サビの原因の大半は、施工中の傷や鉄粉が原因です。 
更にガルバニウム鋼板は、薄いため遮音性が低く、断熱性はほとんどありませし、熱伝導率高いため夏場には太陽熱の影響で室内の温度が上昇しやすくなります。しかしガルバニウム鋼板と断熱材を一体化した製品もあります。
最後にガルバニウム鋼板はサビに強い製品であって、錆びない訳ではありませんのでメンテナンスは必要です。
されどガルバニウム鋼板は、屋根材としてもっとも重要と思われる耐久性が備わっていますし軽量であることから、優れた屋根材といえるでしょう。
ガルバニウム鋼板や他金属屋根の詳しい説明はこちらもご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878