オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、軽量で災害にも強い、次世代金属屋根コロナ・セネターとは?


セネター
次世代金属屋根コロナとセネターとは、ガルバニウム鋼板と天然石のチップを施しているため、塗り替えいらずのメンテナンスフリーの屋根材です。
30年材料保証と10年の美観保証がついています。
超軽量なため耐震性が高く耐候性にも優れています。
近年は化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)のメンテナンスでコロナやセネターを上から重ねて施工する「カバー工法」でよく使用されています。
化粧スレートは、セメント質と繊維質を混ぜて厚さ5mm程度の板状に成型した屋根材です。
主成分がセメントで、塗装によって防水性を保ってるため塗膜の劣化により防水性が低下して、化粧スレート屋根の水切れが悪くなりカビやコケが発生します。
またコケが水分を含んで、屋根材の劣化を早め割れたりなどしてしまいます。
化粧スレートは、デザイン性・施工性・料金面で普及した屋根材ですが、20年~25年ほどの耐久性なためメンテナンスの必要な屋根材です。

コロナ
最近は屋根や外壁のメンテナンスをお考えの際に、初期費用は高額になりますがコスト面でお得な屋根・外壁共に金属材でのメンテナンスが増えています。
塗装によるメンテナンスですと、約15年後に仮設足場を設置して、また塗装代金などのメンテナンス費も掛かるためメンテナンスフリーな金属屋根で施工する方が増えています。
メンテナンスの施工方法は2種類で、既存の屋根材を剥がし新しい屋根材を葺く「屋根葺き替え工事」と既存の屋根材の上から重ねる「屋根カバー工法」になります。
屋根葺き替え工事は、既存の屋根を撤去するため撤去費用や廃材処分費などが掛かり、また既存の屋根材にアスベストが含有してますと更に処分費用が高額になります。
屋根カバー工法は、既存の屋根材を使用するため廃材処分費は、棟板金の撤去費用のみでコストパフォーマンスのよい工法です。
また既存屋根材も処分しないため、アスベスト含有も気にしなくてすみます。
最後に、屋根のメンテナンスをお考えの方は、メンテナンスフリーなコロナやセネターでカバー工法をご検討してみると良いでしょう。
施工事例「化粧スレートを金属屋根でカバー工法」こちらもご参考にしてください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878