オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩国市の方へ、ガルバリウム屋根のメンテナンス方法をお伝えします


ガルバリウム鋼板は、錆びにくく、耐久性の高い、優れた材料です。
スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)の屋根カバー工法によるメンテナンスなどで新しい屋根材に使用されることが多く、皆様の中にもカバー工法でガルバリウム屋根にしたという方も多いと思います。
メンテナンスフリーなどと業者に言われた方もいると思いますが、本当にメンテナンスが必要ないのでしょうか。
今回のコラムでは、ガルバリウム屋根のメンテナンス方法についてお伝えします。
ガルバリウム鋼板の屋根
画像は、岩国市で無料点検をしたガルバリウム屋根です。
業者にはメンテナンスをする必要がないと言われたそうですが、白くなっているのが気になってお問い合わせをいただきました。
確認してみると白サビが発生していました。

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム(55%)、亜鉛(43.4%)、ケイ素(1.6%)でメッキ加工された鋼板(板状に加工された鋼)のことです。
表面をメッキ加工されているので、錆びにくく、耐久性に優れています。
薄く、非常に軽いので、建物への負担が小さいので、屋根カバー工法で使用されることが多い屋根材です。
ガルバリウム屋根の白サビ
ガルバリウム鋼板は錆びに強い素材ですが、錆びないというわけではありません。
表面のメッキがなくなると、錆びやすくなります。
錆は金属を脆くして、酷くなると穴が開いて雨漏りの原因になってしまいます。
メッキ成分を塗膜で保護することで錆にくくなり、長持ちさせることができるので、塗装によるメンテナンスが必要です。
屋根の表面が色褪せていたら、塗膜が劣化しているということなので、塗り替えの目安です。
ケレン作業で錆をしっかり落とした後に、さび止め塗料で下塗りして、仕上げ塗料を重ねて塗ります。
屋根を長持ちさせるには、10~15年で塗り替えるのをおすすめします。
最近は遮熱機能のある塗料があるので、そちらを使うのがおすすめです。

錆や腐食が激しい場合には、塗装では対応できません。
既存の屋根の上に新しい屋根を被せる工事です。
これまでの屋根を解体しないので解体費や廃材処分費がかからず、費用も抑えることができます。
屋根が二重になるので断熱性が増します。

屋根材だけでなく、下にある防水紙(ルーフィング)や野地板(屋根下地)も傷んでいる場合に行います。
屋根を解体して、防水紙と野地板を交換、新しい屋根材を施工します。
大規模な屋根リフォーム工事になるので、高額になり、工期が長くなります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878