オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、ガルバリウム鋼板の屋根はメンテナンスが必要なのか


現在、最も普及している屋根材はスレート屋根ですが、最近ではガルバリウム鋼板と呼ばれる金属屋根が増えており、スレート屋根の一般的なメンテナンスである屋根カバー工法でも新しい屋根材にガルバリウム鋼板を使用することがほとんどです。
ガルバリウム鋼板を検索してみると、「メンテナンスフリー」や「メンテナンス不要」などと謳われていることがありますが、それは本当なのでしょうか?
今回のコラムでは、ガルバリウム鋼板についてお伝えします。
ガルバリウム鋼板の屋根
結論から申し上げればガルバリウム鋼板はメンテナンスが必要な屋根材です。
ガルバリウム鋼板は、錆びないようにメッキ加工を施した鋼を板状に加工したものです。
同じように表面をメッキした金属には、トタン板があります。
以前は屋根材や外壁材としてトタン板が多く使用されていましたが、現在ではより耐久性の高いガルバリウム鋼板が使用されることが増えています。
ガルバリウム鋼板とトタン板の違いは、メッキ成分にあります。
ガルバリウム鋼板のメッキ成分がアルミニウム(Al)55%+亜鉛(Zn)43.4%+珪素(Si)1.6%なのに対して、トタン板のメッキ成分はほぼ亜鉛(Zn)です。
このメッキ成分が違うことで、トタン板よりもガルバリウム鋼板の方が錆の発生を防ぐことができ、耐久性に優れています。
ガルバリウム屋根
ガルバリウム屋根
画像は、周南市で無料点検をしたガルバリウム鋼板の屋根です。
経年や紫外線で塗膜が劣化して色褪せていました。

ガルバリウム鋼板のメッキ成分がなくならなければ問題ありませんが、メッキ成分は消耗されていきます。
メッキ成分がなくなると、屋根が錆びてしまいます。
それを防ぐために、表面に塗装してメッキ成分がなくなるのを防いでいます。
この塗膜は紫外線や風雨の影響で剥がれたり、薄くなるので、定期的に塗り替えが必要です。
塗り替えることでメッキ成分がなくなるのを防ぎ、ガルバリウム鋼板を長持ちさせることができます。
そのため、ガルバリウム鋼板であってもメンテナンスをしなければなりません。
ガルバリウム鋼板が色褪せている場合には、屋根塗装を検討しましょう。

メッキ成分が錆を防ぐメカニズムはこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878