オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

劣化しやすい木部の破風板・鼻隠しの対処方法は?


破風板剥がれ
屋根を構成する板材に破風板(はふいた)・鼻隠し(はなかくし)と呼ばれるものがあります。
破風板・鼻隠しといわれても聞いたことがなく、どこの場所だか分からない方も多いと思います。
屋根の端の側面の部分を破風と呼び、鼻隠しは軒先の先端の板で、横樋の後ろの板を指します。
家の外壁塗装を行う時には、外壁だけでなく付帯部といわれる部分も塗装を行います。
そんな付帯部といわれる部分で劣化しやすいのが、破風板・鼻隠しです。
特に「木材」で出来ている場合は痛みやすく、破風板は屋根同様に多くの日光が当たりますので劣化が進んでいることが多いです。

鼻隠し
破風板・鼻隠しの木部の塗装の剥がれてきますと、直接雨水が吸収されるようになり、木の腐食が始まります。
軽度な劣化は補修をして塗装をすることで済む場合もありますが、長期的には同じ箇所が同じように劣化してしまいます。
そのため長期的に一番安心なのが、破風板・鼻隠しに板金を巻く方法です。
素材は錆びにくいガルバニウム鋼板が現在は主流になっています。
板金巻きの場合は、継ぎ目は板同士で折り重なるので、隙間がないのが丈夫さの秘訣になります。
また板金巻きですと軒先の外観をスッキリさせることもできます。
最後に破風板・鼻隠しは痛みやすい部分ですので、腐食などおきて補修や交換などになる前に定期的に塗装によるメンテナンスを致しましょう。

詳しい破風板・鼻隠しの補修方法はこちらをご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878