オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、セルフクリーニング機能のある光触媒塗料とは


塗装後の外壁
屋根塗装・外壁塗装に使用する塗料には、さまざまな種類があります。
塗料の種類によって耐用年数が異なったり、遮熱効果がある塗料もあります。
今回のコラムでは、数ある塗料の中から光触媒塗料について紹介します。

塗料の基礎知識はこちらをご覧ください

光触媒塗料とは

外壁塗装
外壁をローラーで塗装
光触媒塗料とは、次世代塗料として登場した最新の塗料で、太陽の光で汚れを分解し、雨でその汚れを洗い流すというセルフクリーニング効果のある塗料です。

光触媒とは、自身では変化することはないが、太陽光の光を吸収することにより、周りのものを変える働きをもつ物質のことです。
身近なものでは、植物の光合成を促す「葉緑素」も光触媒のひとつです。

光触媒塗料の特徴

光触媒塗料の最大の特徴は、太陽と雨を利用して自分で汚れを落とす「セルフクリーニング効果」です。
紫外線により排気ガスなどの汚れを分解し浮かせ、雨により洗い流します。
さらに光触媒塗料を塗った外壁は静電気をおびにくくなるので、静電気で付着する空気中の汚れが付きにくくなります。
また、防カビ・防藻効果もあります。

光触媒塗料の耐用年数は、20年と言われており、現在発売されている塗料の中でも耐用年数の長い塗料です。
ただし、発売されてから日が浅いため、実際に年月を重ねて検証されたわけではありません。
塗料の中でも最も高いグレードになるので価格が高くなります。
業者によっては、外壁塗装で一般的に使用されているシリコン塗料の2倍近くの単価になることもあります。
太陽と雨の力で汚れを落とすので、太陽光や雨が当たりにくいところでは効果は低くなります。

光触媒塗料は塗るのが難しい塗料で、性能を十分に発揮させるには高い施工技術と専門性が必要になるため、施工する職人の技術で性能に差が出てしまいます。

まとめ

光触媒塗料は、セルフクリーニング効果や耐用年数の長さなどメリットはありますが、価格や施工の難しさなどのデメリットもあります。
光触媒塗料で塗装しようとする場合には、慎重に検討して、地元の信頼できる業者にお願いするようにしましょう。

光触媒塗料で屋根塗装、外壁塗装を検討されている周南市の方は、街の屋根やさん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878