オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、葺き替えについて


屋根が経年により劣化すると、雨漏りし、天井に染みができたり、カビが発生し健康被害につながったり、柱や梁などの建物の構造が腐食してしまう可能性もあります。
そのため、屋根が傷んでいる場合には屋根リフォームが必要になります。
本日のコラムでは、光市の方へ、屋根リフォームのひとつである「葺き替え」についてお伝えします。
ガルバリウム鋼板の屋根
屋根の葺き替えは、古くなった屋根を剥がして新しい屋根に葺き替える工事です。
既存の屋根材を撤去するので、屋根材の下にあるルーフィング(防水紙)や野地板といった部位のメンテナンスを同時に行えます。
ルーフィングは屋根材の下に浸入した雨水が建物内部に浸透するのを防いでくれ、野地板はルーフィングや屋根材の土台となっており、両方とも屋根にとって重要な部位です。
この2つは屋根材の下にあるので劣化に気づきにくく、点検や修理をしにくいため、葺き替えでメンテナンスを行えることは大きなメリットといえます。
野地板は屋根を支え、建物の耐風性や耐震性を受け持っているため、修理することで屋根だけでなく建物もしっかりします。
金属屋根(ガルバリウム鋼板)
石粒付きの金属屋根
瓦屋根などを葺き替えることで、地震に強い屋根になる可能性もあります。
地震の揺れの大きさは、建物の重心の位置に大きく左右されます。
建物の重心が高いと不安定になり、大きく揺れてしまい、地震の時に建物にかかる負担が大きくなります。
屋根が重いと建物の重心も高くなるので、瓦などの重い屋根材を金属屋根材などの軽い屋根材に葺き替えることで、地震に強い屋根になります。
以前は、金属屋根は「夏に暑い」「雨音がうるさい」などと言われていましたが、最近のものは断熱性や消音性に優れており、気になりません。
また、金属屋根材の表面に石粒を吹き付けているものもあり、デザイン性にも優れています。
アスファルトシングル屋根
オークリッジスーパー
金属屋根材以外にもアスファルトシングル屋根材もおすすめです。
アスファルトシングルは海外では一般的な屋根材で、アスファルトを浸透させたシートの表面に石粒を吹き付けた屋根材です。
石粒が生み出す風合いとグラデーションでデザイン性に優れており、藻の発生による汚れを防ぐ対藻性能にも優れています。
また、割れたり、錆びることもありません

どうしても瓦がいいという場合には、瓦の持つ高級感や重量感、耐久性が従来のものとほとんど変わらないのに、重量が半分で丈夫というハイブリッドタイプの瓦もあります。
また、昔は瓦を葺くのに土をつかう「土葺き工法」が用いられていましたが、「から葺き」で葺き替えることで屋根の重量を減らすことができます。

屋根の葺き替えにはデメリットもあり、屋根を解体するための人件費や廃材処理費がかかり、工事費用が高額になります。
ただし、屋根全体をつくり直すので、屋根の寿命が延び、メンテナンスの頻度を減らすことができるため、長期的に考えるとメンテナンスコストを抑えることができます。
金属屋根材の撤去
セメント瓦の撤去
1.屋根の撤去
既存の屋根材やルーフィングを撤去します。
屋根の上は傾斜があり不安定なので、剥がした瓦が落下しないように、しっかりと整理しておきます。
瓦のように重量のあるものが落下すると、事故につながることもあり、注意が必要になります。
野地板の重ね張り
野地板の増し張り
2.野地板の増し張り
既存の野地板の上に新しい野地板を張ります。
増し張りすることで、屋根の強度を上げることができ、強風や地震にも強くなります。
野地板や垂木(たるき)と呼ばれる屋根の骨組みの状態によっては、増し張りせずに野地板を張り替えたり、垂木を補修することもあります。

野地板の詳細はこちらをご覧ください
ルーフィング張り作業
屋根に敷設した防水紙
3.ルーフィング(防水紙)の敷設
野地板の上に新しいルーフィングを敷きます。
ルーフィングは軒先から棟に向かって敷いていきます。
水下側のルーフィングの上に水上側のルーフィングを重ねていくことで、雨水が屋根材の下に浸入しても屋内には浸入しません。

ルーフィングの詳細はこちらをご覧ください
ガルバリウム鋼板の屋根材を施工
軒先の屋根施工
4.屋根材の施工
ルーフィングと同じように軒先から施工します。
使用する屋根材には、表面に石粒を吹き付けているジンカリウム鋼板がおすすめです。
ジンカリウム鋼板は、ガルバリウム鋼板とほぼ同じ成分で、軽量で耐久性が高いことが特徴です。
表面の石粒により色褪せしにくく、メンテナンスの回数を抑えることができます。
棟板金
棟板金
5.棟板金の設置
棟部分に貫板(ぬきいた)を設置して、棟板金を取り付けます。
貫板は棟板金の下地となる板で、樹脂製のものを使用することで腐食に強くなります。
釘ではなく、錆びにくいステンレスのビスを使います。

棟板金の詳細はこちらをご覧ください
金属屋根材で屋根葺き替えを施工した屋根
コロナで葺き替え後の屋根
6.完成
屋根の葺き替え工事の完了です。
屋根を葺き替えることで、建物の印象も一新できます。
before1
経年劣化したアスファルトシングル屋根
horizontal
after1
ガルバリウム鋼板の屋根
アスファルトシングル屋根から金属屋根(ガルバリウム鋼板)への葺き替え工事の施工事例です。
既存の屋根はアスファルトシングルで、表面の劣化が進み、石粒が剥がれていました。
新しい屋根材には、ガルバリウム鋼板を使用しました。
ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛、シリコンでメッキされた金属の板で、錆びにくく、耐用年数の長い屋根材です。
棟板金は雨水が浸入しやすい箇所なので、板金の接合部にはシーリングで処理するなど、雨仕舞いをしっかりと行いました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878