オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市の方へ、屋根葺き替えについて


柳井市で屋根の傷みや雨漏りにお困りの方はいませんか。
屋根の劣化や傷みを放置していると雨漏りが起き、天井のシミやカビの発生、柱や梁の腐食など重大な被害につながってしまいます。
それを防ぐために、屋根が劣化している場合には、屋根全体をリフォームする屋根葺き替え工事を行う必要があります。
本日のコラムでは、柳井市の方へ屋根葺き替えについてお伝えします。
金属屋根(ガルバリウム鋼板)
屋根材がズレたりヒビが入ったり、漆喰が剥がれたり、板金が錆びて穴が開いたりするなど、屋根に不具合があると建物内部に雨水が浸入します。
雨漏りが起きると、天井に染みができるなどで見栄えが悪くなるだけでなく、発生したカビが原因で健康被害につながったり、柱や梁などの建物の躯体が劣化して建物の強度や耐震性能が低下してしまいます。
そういった被害を防ぐために必要なのが、屋根葺き替え工事です。

雨漏りに気づいたときには、すでに被害が広がっており、建物にダメージを与えています。
そのため、定期的に屋根の点検とメンテナンスを行うことが大切です。
セメント瓦の撤去
防水シート(ルーフィング)の敷設
ガルバリウム鋼板の屋根
屋根の葺き替えは、劣化した屋根材や防水紙を撤去して、新しく屋根を葺きなおす工事です。
屋根カバー工法は瓦屋根や屋根の下地が劣化している場合には施工できませんが、屋根葺き替えであれば既存の屋根の状況を問わず施工できます。
屋根全体を新しいものにするため、雨漏りが確実になおり、屋根が劣化したことで低下していた強度が上がり、安心して生活ができるようになります。
屋根材の下には、屋根の下地である「野地板」や雨漏りを防ぐ「防水紙(ルーフィング)」といった重要な部位があり、この2つをメンテナンスできることも葺き替えのメリットです。
野地板や防水紙は屋根材の下にあるため点検ができませんが、経年により劣化してしまいます。

野地板の詳細はこちらをご覧ください

防水紙の詳細はこちらをご覧ください

また、金属屋根などの軽量なものを使用することで、建物の耐震性が向上する可能性もあります。
屋根の重量が軽くなれば建物の重心が下がり、地震による揺れ幅が小さくなり、建物にかかる負担も小さくなります。
そのため、既存の屋根が瓦などの重い屋根材であれば、金属屋根材などの軽量な屋根材を使用することで、建物の耐震性が向上します。
屋根材の撤去
ガルバリウム鋼板の屋根材を施工
ガルバリウム鋼板の屋根
屋根葺き替えにはデメリットもあります。
既存の屋根を剥がさなければならないので、人件費や廃材処分費がかかり工事費用が高額になり、施工期間も長くなります。
特に、アスベストが使用されている屋根材では処分費が高くなります。
2004年以前に製造されたスレート屋根材にはアスベストが使用されていました。
屋根カバー工法であれば、既存の屋根を解体しないので廃材処分費がかからずお得に見えますが、一度カバー工法を施工した屋根にはもう一度カバー工法を施工することはできないため、次に屋根リフォームが必要になった時には屋根葺き替えを行うことになり、問題の先送りとも言えます。
既存の屋根がアスベストを含んでいる場合には、今後のライフプランを考えて、屋根葺き替えと屋根カバー工法のどちらで施工するか選択しましょう。

セネターで屋根カバー工事後の屋根
セネターで屋根カバー工事の施工後
屋根材セネター
超軽量で災害に強い屋根材「セネター」がおすすめです。
セネターは耐久性の高いガルバリウム鋼板の表面に天然石ストーンチップを焼付け加工した屋根材で、色褪せする心配がなく塗り替える必要がなく、長期にわたりメンテナンスフリーで、長期的にお得です。
粘土瓦の約1/9の重さなので耐震性に有効で、屋根材1枚1枚をビスで固定するため強風に強い屋根材です。
ストーンチップにより、耐震性や断熱性にも優れています。
屋根の劣化や雨漏りを放置していると重大な被害につながってしまうため、定期的に屋根の点検やメンテナンスをして、劣化がひどかったり雨漏りしている場合には屋根葺き替えを行いましょう。
柳井市で屋根点検や屋根葺き替えなどを検討されている方は、街の屋根やさん周南店までお気軽にお問い合わせください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878