オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、葺き替えについて


屋根は常に太陽光や風雨にさらされている過酷な環境にあるので、定期的な点検やメンテナンスが欠かせません。
屋根材の種類などにより耐用年数やメンテナンス方法が異なり、定期的に点検やメンテナンスをすることで、屋根の寿命を延ばすことができます。
ですが、いずれは屋根材の耐用年数が過ぎて、新しい屋根材に替えなければならなくなります。
屋根材を替えるといっても、どんな工事をするのかよくわからないという方もいると思います。
そこで、本日のコラムでは、防府市の方へ葺き替えについて紹介します。
セネターを施工した屋根
屋根の葺き替えは、既存の屋根を撤去して、新しい屋根を葺く工事です。
経年などにより劣化した屋根材、その下にあるルーフィング(防水紙)や野地板を剥がして、新しい材料で屋根を葺いていきます。
普段お手入れしにくいルーフィングと野地板を修理することができます。
屋根工事の中で最も規模が大きく高額な工事ですが、屋根を葺き替えることで、雨漏りなどのリスクがなくなり、建物の寿命を延ばすことができます。
ルーフィング
カバー工法の様子です。
オークリッジスーパー

似たような工事に屋根カバー工法がありますが、その違いは既存の屋根を撤去するかどうかです。
屋根カバー工法では既存の屋根を撤去せずに新しい屋根を上からかぶせます。
既存の屋根を撤去しないので、撤去するのに必要な人件費や既存の屋根材などの廃材を処分する費用がかからず、葺き替えよりも工事費用を節約でき、施工期間も短くなります。
また、屋根が2重になることで断熱性や遮音性の向上が期待できます。
既存の屋根と新しい屋根の間に空気の層ができ、屋根表面の熱が室内に伝わるのを防ぎ、夏場の室温の上昇を抑えてくれます。
雨音も抑えてくれます。
劣化したスレート屋根
カバー工法の施工に向いているスレート屋根
瓦屋根
カバー工法の施工に向いていない瓦屋根
これだけならカバー工法の方が良いように感じますが、葺き替えの方が優れている点もあります。
屋根の重さは建物の耐震性に悪影響を与えてしまいます。
カバー工法で新しく屋根をかぶせると、その分だけ屋根が重くなり、建物の重心は高くなります。
そうすると地震の際の揺れ幅が大きくなり、建物にかかる負担が大きくなるので、地震に弱くなります。
屋根の葺き替えであれば、既存の屋根材と新しい屋根材次第では屋根が軽くなり、耐震性の向上も期待できます。
例えば最も重い瓦から金属屋根材に替えると、屋根の重さは約1/10になり、かなり軽くなります。

カバー工法には施工に向いていない屋根があります。
スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)や金属屋根はカバー工法に向いていますが、瓦屋根には向いていません。
また、屋根の下地が傷んでいる場合にもカバー工法は向いていません。
屋根の葺き替えであれば、そういった屋根にも施工できます。
瓦屋根
劣化したスレート屋根
屋根の葺き替えとカバー工法には、それぞれメリットとデメリットがあり、どちらで施工するのがいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そのため、葺き替えの方がいい場合を紹介します。
・既存の屋根材が瓦
・以前にカバー工法を施工している屋根
・築30年以上経過している
・屋根の劣化が激しい
・雨漏りが発生している
上記の場合は、葺き替えを行いましょう。

ただし、屋根の状態を判断することは困難で、築15年程度でも屋根の劣化が激しかったり、気づいていないだけで実は雨漏りが発生しているということもあります。
そのため、必ず屋根専門の業者に点検をしてもらってから、どちらで施工する方がよいのか相談してください。
街の屋根やさん周南店では、無料の屋根点検を行っていますので、是非、ご利用ください。

無料点検の内容はこちらをご覧ください
金属屋根材の撤去
セメント瓦の棟板金を撤去
1.既存屋根の撤去
既存の屋根材や板金、ルーフィング、野地板などを撤去します。
一枚一枚屋根材を剥がしていき、瓦を葺くための土や瓦をひっかける桟木なども撤去します。
ルーフィングや野地板は普段、屋根材の下にあり、劣化状態を確認できず、メンテナンスも困難です。
補修することで屋根の強度や防水性が向上します。
野地板の重ね張り
野地板の増し張り
2.野地板の補修
野地板を張っていきます。
野地板の劣化状態によっては、張り替えずに既存の野地板の上に新しい野地板を重ねて張ります。
野地板は屋根材をルーフィングを固定する板で、屋根の下地です。
野地板を補修することで、屋根の強度が上がり、強風や地震に強くなります。

野地板の詳細はこちらをご覧ください
棟部分にルーフィングを敷設
施工後のルーフィング
3.ルーフィングの敷設
野地板の上に新しいルーフィングを敷き込みます。
通常はタッカーと呼ばれる大型のホッチキスのようなもので固定しますが、屋根材と接する面が粘着層になっているものもあります。
通常の雨であれば屋根材の下に雨水が入ることはありませんが、台風などの横殴りの雨の時には雨水が浸入してしまいます。
浸入した雨水が建物の内部に浸透するのをルーフィングが防いでくれます。

ルーフィングの詳細はこちらをご覧ください
軒先の屋根施工
屋根材コロナの施工
4.屋根材の施工
新しい屋根材を葺いていきます。
新しい屋根材には、表面に自然石を吹き付けたガルバリウム鋼板(ジンカリウム鋼板)がおすすめです。
石粒は、瓦と同じように釉薬を塗布し高温で焼いて、着色しています。
そのため、色褪せることがなく、自然石粒付き鋼板は塗装によるメンテナンスが不要です。
また、自然石が熱の伝わりを防ぎ、音を吸収するので、断熱性や遮音性にも優れています。
屋根カバー工法でセネターを施工した屋根
コロナで屋根カバー工法をした屋根
5.屋根葺き替えの完成
屋根の葺き替えをすることで、見た目を一新されることができ、屋根の強度が上がり、雨漏りの心配もなくなります。
耐用年数の長い屋根材に葺き替えることで、メンテナンスにかかる費用を抑えることもできます。
before1
アスファルトシングル屋根
既存の屋根はアスファルトシングルという屋根で、かなり劣化が進行して雨漏りが起きており、メンテナンスが必要でした。
horizontal
after1
ガルバリウム鋼板の屋根
ガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えました。
雨漏りしないよう棟板金などの防水処理もしっかりと行いました。
工事の仕上がりにも満足していただけました。


葺き替え工事をしたお客様の声はこちらをご覧ください
before1
セメント瓦の屋根
防府市にお住いのお客様でした。
屋根は色褪せて、隅にある瓦がぐらついていました。
お客様は屋根塗装と葺き替えのどちらをするか迷われていましたが、今後のメンテナンスを考え、葺き替えをさせていただくことになりました。
horizontal
after1
換気棟を設置した屋根
表面に自然石を吹き付けたガルバリウム鋼板の屋根材「コロナ」で屋根の葺き替えを行いました。
既存の野地板はそれほど傷んでいなかったため、野地板は増し張りで補修し、ルーフィングは粘着タイプのものを使用しました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878