オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、瓦屋根の葺き直し工事についてお知らせします


周南市にお住まいのお客様より「雨漏りしたので見てほしい」とお問い合わせがあり、無料点検をさせていただきました。
瓦屋根のお家で、瓦自体の状態が良かったため、瓦屋根の葺き直し工事を提案させていただきました。
葺き替え工事は聞いたことがあるという方は多いと思いますが、葺き直し工事と言われてもピンとこないのではないでしょうか?
そこで今回のコラムでは、瓦屋根の葺き直し工事についてお知らせいたします。
瓦屋根
周南市で無料点検を行ったお家の瓦屋根の画像です。
瓦屋根の耐用年数は非常に長く50年以上と言われており、お客様のお家の屋根瓦にはひび割れもなく、それほど傷んでいるようには見えません。
それなのに、雨漏りしているのはなぜでしょうか?
屋根は表面の屋根材だけで雨水の浸入を防いでいるわけではなく、屋根材の下に敷いている防水紙(ルーフィング)と一体となって雨水から建物を守っています。
防水紙の耐用年数は20年程度なので、屋根材が劣化するよりも早く防水紙が破れたり、穴が開いてしまいます。
そのため、瓦屋根が傷んでいなくても、雨漏りしてしまいます。
瓦が傷んでいない場合に行う工事が屋根葺き直し工事です。
屋根葺き直し工事とは、瓦を撤去して、野地板や防水紙を交換した後に、撤去した瓦を再利用して屋根を葺き直す工事です。
屋根材を再利用するので、施工後も見た目がほとんど変わりませんが、下地と防水紙を新しくするので屋根の強度や防水性を回復させることができます。
屋根葺き直し工事では、屋根葺き替え工事と異なり屋根材を再利用するので、新しい屋根材の費用が必要なく、葺き替えよりも費用を抑えることができます。

ただし、割れたり、欠けている屋根は瓦を交換する必要があり、同じ瓦を入手できない可能性があります。
葺き替え工事と工程が同じなので材料費を出せば葺き替えることができるので、コストパフォーマンスが高いとは言えず、街の屋根やさんでは葺き直しをあまりおすすめしていません。

また、地震対策として屋根を軽量化したいという場合には向いていない工法です。
地震に強い屋根へリフォームする場合には、葺き替えを選びましょう。

屋根葺き直し工事の流れはこちらをご覧ください
瓦は大丈夫でも、経年と共に防水紙や野地板は傷んでいき、雨漏りすることがあります。
そのため、表面の傷みがなくても築20年程度経過している場合には、瓦屋根の葺き直し工事によるメンテナンスを検討されてはいかがでしょうか。
屋根リフォームのことでお困りの方は、街の屋根さん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878