オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、屋根塗装、外壁塗装の付帯部塗装について


軒樋の塗装
屋根塗装、外壁塗装では、付帯部と呼ばれる箇所も一緒に塗装します。
「付帯部は塗装せず、屋根・外壁の塗装だけでいい」と考える方も多くいると思います。
今回のコラムでは、付帯部とはどこのことか、付帯部塗装が必要かについて紹介します。

付帯部とは?

付帯部とは、住宅の外壁と屋根以外の部分のことをいいます。
具体的には、軒天・鼻隠し・破風・雨樋・雨戸・シャッターなどがあります。
付帯部は、素材が木製や金属製、塩化ビニール製など様々ですが、塗装することで劣化を防ぐことができます。
鼻隠しの塗装
破風板の塗装
外壁・屋根を塗装する時には一緒に付帯部も塗装することをおすすめします。
外壁と屋根を塗り替えてキレイになっても、付帯部が汚れていると、そこが目立ってしまい、せっかくの美観を損ねてしまいます。
また、付帯部も外壁や屋根と同様に表面を塗膜で保護しており、塗膜がなくなると附帯部の傷みや腐食につながります。
破風や鼻隠しなどの附帯部の多くは、建物の防水の役割があります。
そのため、外壁や屋根と同じように附帯部も塗り替えることで建物の防水性を維持し、長持ちさせることにつながります。
軒天の塗装
軒樋の塗装
建物の保護と美観が良くなるのが付帯部塗装のメリットです。
外壁や屋根と一緒に塗装すると、付帯部の劣化も同じスピードで進むことになります。

付帯部の塗装には、外壁塗装、屋根塗装と同じように足場が必要です。
その都度、足場代を支払って、個別的に工事するよりも一度に済ませてしまえば費用を節約できます。
雨戸の吹き付け塗装
庇の塗装の上塗り
付帯部塗装に使用する塗料は、外壁や屋根と同等の耐用年数の塗料をおすすめします。
付帯部に耐用年数の短い塗料を使用すると、外壁や屋根よりも先に劣化しはじめて美観を損ねることになります。
業者の中には、付帯部にグレードの低い塗料を使用する業者もいますので、注意が必要です。
また、付帯部の素材に合った塗料が使われるかも確認してください。
木部なら木部用の塗料、金属なら金属用の塗料を使用しないと、塗膜の剥がれなどの原因になり、塗料の性能を発揮できません。

見積り書に「付帯部塗装」と記載されているかは必ず確認する必要があります。
業者は、基本的に見積書に記載されてないことはやりません。
業者に「付帯部も塗装する」と言われても、口ではなんとでも言えます。
そのため、付帯部塗装の項目がない場合には、他の業者にお願いすることをおすすめします。

光市で屋根塗装、外壁塗装を検討されている方は、街の屋根やさん周南店までお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878