オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防府市の方へ、屋根の葺き替えで地震に強い屋根にする方法


新築から20~30年もすると屋根の傷みが気になりだし、そろそろ屋根のリフォームを考えているという方も多いのではないでしょうか。
屋根工事の目的は、屋根の修理や雨漏りを防ぐことですが、建物の耐震性も考えてみてはいかがでしょうか。
今回のコラムでは、屋根の葺き替えで地震に強い屋根にする方法をお伝えします。
乾式コンクリート瓦の屋根
地震に強い屋根とは、どういった屋根のことでしょうか。
それは、軽量な屋根のことです。
屋根の重量は建物の耐震性に影響を与えます。
屋根が重いと建物の重心が高くなり、この重心の高さが建物の耐震性能に大きくかかわってきます。
地震で建物が横に揺れると、重心の位置が高い方が揺れ幅が大きくなってしまいます。
揺れ幅が大きくなることで建物にかかる負担が大きくなってしまい、柱や壁が地震に耐えられず倒壊してしまう可能性が高くなります。
そのため、屋根を軽くすることで建物の重心が下がり、揺れが小さくなることで地震に強くなります。
瓦屋根
金属屋根(ガルバリウム鋼板)
当然のことですが、軽い屋根材を使用することで、屋根の総重量は軽くなります。
ですが、屋根材の違いで耐震性に影響するほどの違いがあるのでしょうか。
屋根材には瓦、スレート屋根材金属屋根材アスファルトシングルなど様々なものがあり、特徴もそれぞれ異なります。
一般的な大きさの屋根、100㎡でその重さは、最も重い「瓦」で約6,000kg、最も軽い「金属屋根材」で約600kgです。
金属屋根材は瓦の重量の約10分の1となり、使用する屋根材が違うだけで、大きな差ができるのがわかります。
そのため、ガルバリウム鋼板などの金属屋根材に葺き替えることで、屋根の重量を軽くでき、地震に強い屋根にすることができます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878