オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、劣化したカラーベストは塗装よりも金属屋根材をカバー工法をお薦めします


カラーベスト
カラーベスト・コロニアル(化粧スレート)は、主原料がセメントですので塗装によって防水性を保っている屋根材です。
そのため、経年劣化で塗装が剥がれてしまうと屋根材の防水性がなくなり水分を含み、カビやコケが発生したり割れやすくなったりします。
カラーベスト・コロニアル自体の耐久年数も環境や立地条件によりますが、20年~30年といわれてましてメンテンナンスの必要な屋根材なのです。
更に、カラーベスト・コロニアルは屋根材のみではなく棟板金の劣化にも注意しないといけません。
劣化した棟板金は錆が発生したり、棟板金を貫板に留めている釘が浮いたり抜けたりします。
劣化した棟板金を放置していますと、台風や強風で煽られて棟板金飛散してしまい近隣や人に当たるなど大惨事を起こす危険がありますので、早急にメンテナンスをしましょう。
コロナカバー工法
カラーベスト・コロニアルの塗装によるメンテナンスは、築浅や前回のメンテナンスが10年以内など屋根材の状態が良ければ問題ありませんが、築20年以上で一度も屋根のメンテナンスをしていない状態ですと割れや反りなどがあり、また塗装でメンテナンスをしても数年で今の状態になるというトラブルになります。
そこで塗装によるメンテナンスよりも、費用は少し高くなりますが長期的なプランを考えてメンテナンスフリーな金属屋根を葺くメンテンナンスの方がお得な場合があります。
また既存のカラーベスト・コロニアルの上に新しい屋根材を重ねる「カバー工法」ですと、屋根を剥がすこともなく既存の棟板金を撤去して、その上にルーフィングを敷くため劣化した棟板金の交換工事も節約でき、更に既存の屋根材の廃材費用も掛かりませんため、お得なメンテナンス方法といえるでしょう。
「現在の屋根を新しい屋根で覆う、カバー工法」の詳しい内容はこちらからご覧ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878