オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市の方へ、スレート屋根のメンテナンスは塗装?屋根葺き替え?カバー工法?


本日のコラムでは、スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のメンテナンス方法についてお伝えします。
色褪せカラーベスト
スレート屋根の劣化が気になりメンテナンスをお考えのお宅も多いと思います。
塗装でのメンテナンス方法を勧められたお宅がほとんどでしょう。
本当にスレート屋根のメンテナンスは塗装が適切なのでしょうか?
スレート屋根は主成分がセメントですので、塗装によって防水性を保っています。
その塗膜が剥がれてきて色褪せすると、防水機能の低下により屋根材が水を吸水して、カビや苔、スレート自体がひび割れ・欠けなど劣化をします。
そのため、どのメーカーも10年ごとのメンテナンスを推奨しています。
ただし10年は目安であり環境などにより劣化の進行具合は変わり、劣化が軽いうちにメンテナンスを行うようにしましょう。
劣化を放置しますと、最悪の場合は雨漏りへ繋がり大掛かりな工事になり費用も高くつきます。
そうなる前に屋根をメンテナンスすると費用も抑えつつスレート屋根の寿命も伸ばすことができるのです。

スレート屋根の塗装
屋根塗装
屋根材の撤去
屋根葺き替え
ルーフィング(防水紙)の敷設
屋根カバー工法
立地や環境に左右されますが、スレート屋根の寿命は20年~30年といわれています。
塗装によるメンテナンスは築年数の浅い場合や劣化の軽い場合は、再塗装によって防水性が保たれますが、劣化の酷い場合には塗装をしても強度が上がるわけではないので、塗装を施しても数年後には現状に戻る可能性があります。
そのため、長期的な点で考えますとメンテナンスフリーな屋根材に、屋根を葺き替えるか、既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せるカバー工法でのメンテナンスの方が、塗装よりは費用は高くなりますがお得になることもあります。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878