オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市の方へ、カビや苔の放置は屋根や外壁の劣化を促進します


コケ
住宅も築年数が経過すると天候や立地条件により、屋根が外壁がカビや苔が発生してしまいます。
カビは菌、苔は植物の違いはありますが、基本的に水分と湿気を好みます。
カビは北側など日陰を好みますが、苔は植物なので日当たりの良い屋根の上でも繁殖してしまいます。
天候や立地などの理由で水分が屋根や外壁に残りやすい家は、カビや苔が発生しやすいでしょう。
家の周りに川や田んぼや緑があるなど、また日当たりの悪い立地などが該当するでしょう。
また使われている建材によっても違ってしまいますが、屋根材の場合はスレート屋根材などは苔が大量に発生している屋根も珍しくはありません。
外壁の場合は、日当たりの悪い箇所の窯業系サイディングにカビが発生しているのも良く見かけます。
屋根や外壁の汚れは家全体の印象を悪くしてしまい、またカビや苔の放置は家全体を傷つけてしまいます。
また家のみだけでなく、カビや苔はアレルギーを発症するなど人にまで影響を与えてしまいます。
カビ
屋根の苔の発生は屋根材に常に水分を含んでる可能性があります。
特に主原料がセメント場合の屋根材は防水性を塗料によって保っていますので、苔の発生は防水性が切れている証拠でしょう。
更に、主原料がセメントのスレート屋根やセメント瓦などは、防水性が切れていますと屋根材自体が割れやすくなり雨漏りの原因になりますので、早急にメンテナンスを行いましょう。
外壁のカビの発生もカビの菌が好む水分や湿気が外壁に常に残っている状態ですので、立地以外にもコーキングの劣化から水分が侵入していたり、ベランダやバルコニーの劣化からの水分の侵入も考えられます。
特に湿気や水分を含んだ外壁は、割れや爆裂などして外壁の張替え工事になるなどメンテナンス費用が高額になるためカビや苔の放置はせず早急にメンテナンスを致しましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878