オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋根の換気棟から雨漏りすることはないのか


周南市で屋根カバー工事をさせていただいた時に、お客様から「換気棟から雨漏りしないの?」という質問がありました。
換気棟には換気のための穴が開いているので、雨水が浸入しないか心配になるのは当然です。
そこで今回のコラムでは、換気棟についてお伝えします。
換気棟
近年ほとんどの住宅で屋根や外壁に断熱材を敷き詰めており、「夏は涼しく、冬は暖かい」お住まいがほとんどです。
ですが、高気密・高断熱の家では、内外の気温差が大きくなることで結露が発生して、建物を傷めてしまいます。
それを防ぐために、換気扇や軒換気など住まいのいたるところに換気設備が取り付けられています。
換気棟もその中のひとつで、屋根の頂上部(棟)に取り付けられる換気部材のことです。

室内で暖められた空気は上昇して屋根裏に達します。
すると冬は内外の気温差により屋根で結露が発生し、屋根にダメージを与えてしまいます。
夏には暖められた空気が屋根裏に籠もり、室内の温度が上昇します。
換気棟があると、屋根裏の湿気や空気を自然に排出することができ、冬の結露の発生や夏の温度上昇を防いでくれます。

換気棟の詳細はこちらをご覧ください
換気棟の施工途中
屋根の換気棟
結論から言えば、換気棟から雨漏りすることはありません。
換気棟自体は雨水が浸入しない構造になっており、捨て水切りや防水テープで雨仕舞をしっかりと行うことで雨漏りを防いでいます。
上からの雨はもちろん、強風をともなう横からの雨でも、大丈夫なように設計されています。

ただし、雨仕舞が不十分、つまり施工不良が原因で雨漏りしてしまう可能性があります。
そのため、換気棟の設置経験が多い業者に工事を依頼することが大切です。

雨漏りを防ぐ雨仕舞についてはこちらをご覧ください
換気棟から雨漏りすることはありませんので、安心して下さい。
換気棟は建物を傷める結露を防ぐことができますので、屋根のメンテナンスに合わせて、換気棟の設置をご検討ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878