オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、暑さや湿気、結露を防ぐ換気棟の効果と取り付け


屋根の頂上部分は棟(むね)と呼ばれます。
棟は瓦屋根では棟瓦を積み上げて施工し、スレート屋根(カラーベスト、コロニアル)では棟板金を被せて雨水が浸入するのを防ぎます。
最近では、スレート屋根の棟に換気棟と呼ばれる設備を取り付けることが増えています。
今回のコラムでは、換気棟についてお伝えします。

換気棟
山口市は一年を通して比較的過ごしやすい気候をしていますが、温暖化の影響で夏には35℃を超えることがあります。
35℃を超える猛暑日では室内にいても熱中症の危険性があり、冷房にかかる費用も上がってしまいます。
夏の暑い日でも快適に過ごせないかと考えている方もいるのではないでしょうか。
そこでおすすめなのが、換気棟です。

換気棟はスレート屋根の棟に取り付けて、屋根裏の熱気や湿気を外に排出するための設備です。
昼間に太陽光が当たると屋根の表面の温度が上がり、夏場では80℃近くまで上がると言われています。
屋根表面の温度が上がると、屋根から熱が伝わり室内の温度が上昇してしまいます。
暖かい空気は下から上に上がる性質があるので、屋根裏に熱気が溜まります。
換気棟の通風孔から熱気が外に排出されることで、屋根裏の温度を下げ、室内の温度上昇を抑えることができます。
熱帯夜で寝苦しいということも解消され、エアコンの効きが良くなり光熱費を下げてくれます。

また、湿気も排出するので、冬場の結露を防ぐ効果もあります。
水分を含んだ空気が天井裏に達すると急激に冷やされて液体に戻ることで結露が起き、木材が腐食する原因になり屋根を劣化させます。
湿気を排出することで、結露を防ぐことができます。

換気棟に通風孔があることから、雨漏りを心配される方も多いかもしれませんが、施工経験のある専門の業者が適切な施工をすれば雨漏りのリスクはありません。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878