オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、カラーベストの釘打ちからの割れ発生、割れの対処法はどのように?


カラーベスト割れコラム
屋根のリフォームをする際、屋根に上がって屋根の状態を点検するわけですが数多く見受けられるのがカラーベストの割れです。もちろんカラーベストの割れたままではそのまま塗れません。カバー工法する際もそのままでは施工できません。
割れたカラーベストはコーキングで補修か差し替えるしか方法がありません。
そもそもカラーベストが割れる原因はなんでしょうか?割れた時の対処法を今日はご紹介します。

カラーベストの割れる原因

屋根塗装の際、現場調査の際屋根に上がり点検するとほとんどのお宅が数枚以上割れています。
割れている原因は2つあります。
1.押さえ釘の打ち込みによる割れ
カラーベストを葺くときに釘を打ち込みカラーベストを固定していきます。その際に釘穴回りに亀裂が入り年数がたち亀裂が広がりカラーベストが割れます。新築時からの割れがほとんどですね。
2.水切り板金、谷板金の回りの割れは屋根を歩いた時の割れ
水切り板金や谷の板金の回りは板金で抑え込むためカラーベストがほんの少し押し上げられます。その状態で歩くとカラーベストが割れてしまします。

割れたカラーベストの対処法

割れたカラーベストをほおっておくと雨漏りにも繋がります。割れを見つけた際どのように対処すればいいかご紹介していきます。対処法は2つあります。
1.コーキングで補修
割れたカラーベストをコーキング材でくっつけなおす方法ですね。この際の気おつけなければいけないことは、プライマーをしっかり塗ってからコーキングでくっつけましょう。下のカラーベスト材に固定しないことがポイントです。
2.カラーベストを差し替える
本来であればカラーベストを差し替えるのがベストです。コーキングも年数がたつと劣化しコーキングの効力がなくなります。街の屋根屋さん周南店ではカラーベストの割れを見つけた際は必ず差し替えます。
カラーベストの割れをみつけたら必ず専門業者に連絡して対処しましょう。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878