オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、カラーベスト・コロニアルのメンテナンス方法は?


セネター
カラーベスト・コロニアルは、平型化粧スレートのことでデザイン性、施工性の高さや薄く軽量なため、現在の住宅で多く採用されている屋根材です。
しかしカラーベスト・コロニアルは主原料がセメントのため塗装によって防水性を保っていますので、メンテナンスが必要な屋根材です。
メンテンナンス方法としては、主に「塗装工事」「カバー工法」「葺き替え工事」の3つになります。
またカラーベスト・コロニアルのメンテナンスは立地条件や環境に左右されますが、約10年程度でメンテナンスが必要と言われています。
カラーベスト・コロニアルの表面は、工事製造時に塗装(アクリル塗装が多い)が施工されてまして、そのため塗膜の耐久性が約10年ほどになります。
更にカラーベスト・コロニアルの主原料がセメントですので、塗膜の防水性がなくなると屋根材が水分を吸い込んでしまい、カビやコケなどが発生したり割れやすくなったりします。



カラーベスト塗装
カラーベスト・コロニアルを塗装によるメンテナンスの場合は、屋根材の状態によって塗装をしても数年で塗膜が剥がれるなどトラブルになることもあります。
まずバイオ高圧洗浄にてカラーベスト・コロニアルの古い塗膜やカビやコケを落としてから塗装をしていきます。
その際にタスペーサーを使用して縁切りすることも塗装でのメンテナンスでは重要になります。
近年カラーベスト・コロニアルのメンテナンス方法で多く施工されるのが、既存の棟板金を剥がしその上からルーフィング(防水シート)を敷き、その後新しい金属屋根を重ねて葺く「カバー工法」です。
カバー工法の最大のメリットは、既存の屋根を剥がさないため廃材費用が抑えられ、更にアスベストを含むカラーベスト・コロニアルであっても撤去しないためアスベスト問題も気にせず施工できることです。
「現在の屋根を新しい屋根で覆うカバー工法」のコラムもこちらからご覧ください。
最後に「屋根葺き替え工事」は、既存の屋根を取り外し新しい屋根材を設置する工事です。既存の屋根とルーフィング(防水シート)も交換するため、より長く良い状態を保てます。
しかし、既存の屋根を撤去するため廃材費用が掛かり、またアスベストを含む屋根材ですと高額な廃材費用が掛かります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878