オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、カラーベスト・コロニアルのメンテナンスは塗装で平気?


カラーベスト劣化
化粧スレートのカラーベスト・コロニアルは、耐震性・施工性・価格面やカラーバリエーションの豊富さで、大変普及した屋根材です。
しかし、カラーベスト・コロニアルは主原料がセメント材質で塗装によって防水性を保っていますのでメンテナンスが必要な屋根材になります。
塗装の劣化により屋根材が水分を吸収して割れやすくなったり、劣化した屋根材は常に湿気を帯びているようになり、苔の発生にもなります。
またカラーベスト・コロニアルの耐久年数は、環境や立地条件にもよりますが、約20年~25年といわれている屋根材です。

メンテナンス方法としては、「塗装工事」「屋根カバー工法」「屋根葺き替え工事」になります。


屋根カバー工法でセネターを施工した屋根
まずカラーベスト・コロニアルのメンテナンスをしようと思ったときには、真っ先に再塗装と考える方が多いでしょう。
しかし劣化状態の悪いカラーベスト・コロニアルに塗装でメンテナンスをしても数年で塗膜が剥がれるなどのトラブルも多いです。
そのため屋根の状態を余り見ず、即塗装でのメンテナンスを勧めてくる業者には注意が必要です。
折角の高いメンテナンス費用が無駄になることがあるので、数社に塗装でメンテナンスは大丈夫か確認してから施工を致しましょう。
町の屋根さん周南店では、カラーベスト・コロニアルの経過年数・劣化状態により、塗装工事か金属屋根によるカバー工法・屋根葺き替え工事をご提案しています。
更に新しく使用する屋根材も、長期保証付きな天然石付きガルバニウム鋼板などコストの面でもお得屋根材での施工をお勧めしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878