光市で劣化したカラーベストコロニアルを塗装によるメンテナンスをお考えの方へ


カラーベスト塗装
現在最も普及しているスレート屋根のカラーベストコロニアルは、ケイミュー社の屋根材の商品名で「カラーベスト」と呼ばれるシリーズ名があり、そのシリーズのなかの一つの商品名がコロニアルです。
カラーベストコロニアルは、厚さ5mm程度の薄い平たい塗装セメントの板です。
主原料がセメントですので、塗装によって防水性を保っていますので経年で色褪せや苔やカビの発生や欠け・反りなど劣化を起こしますので、定期的にメンテナンスが必要な屋根材です。
メンテナンス方法としては、主に「塗装工事」「カバー工法」「葺き替え工事」の3つがあります。
塗装でメンテナンスをする場合には、カラーベストコロニアルの劣化状態を注意しないといけません。
立地条件などで一概には言えませんが、築年数が10年以内や前回のメンテナンスが10年前ぐらいなどで、カラーベストコロニアル劣化状態が比較的に浅い場合には塗装でのメンテナンスでも良いでしょう。


カバー工法ルーフィング
しかし、現在カラーベストコロニアルの屋根リフォームとして一般的なのが屋根カバー工法ではないでしょうか。
なぜならカラーベストコロニアルの主成分はセメントであることは前途した通りですが、表面塗膜の防水性が切れると吸水性が非常に高くなり、内部に滞留した水が冬場に凍結して、夏場には厚さで収縮をしてその繰り返しによりカラーベストコロニアルが反ってしまいます。
一度反ってしまうと塗装でメンテナンスをしても元には戻りませんし、横殴りの雨の際には水が建物内部に大量に入り込み雨漏りの原因になります。
反りが出ているということは他の箇所も劣化が進行していることが考えられますし、塗装によるメンテナンス費用が無駄になる可能性もありますので、既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねるカバー工法でのメンテナンスをお薦めします。
コラム~「カラーベストコロニアル屋根へのカバー工法の選択」もこちらからご覧ください。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878