下松市で化粧スレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の塗装によるメンテナンスは注意が必要です


カラーベスト劣化
スレート屋根には沢山の種類があり、カラーベスト・コロニアルはスレート屋根のひとつ「平板スレートや化粧スレート」にあたります。
カラーベストはケイミュー株式会社が販売するスレート屋根のシリーズ名で、コロニアルはそのカラーベストの個々の商品名です。
化粧スレート屋根は施工が瓦屋根よりも簡単で、材料費・施工費も安いことから多くの家で導入されました。
しかし、瓦屋根と比較すると色褪せなど劣化が目に見えて分かりやすいため、多くの人が耐久性などに不安を持っている屋根材です。
環境や立地条件にもよりますが、築年数が10年も経過すると色褪せやカビ・苔など、多くの外観上の劣化が目につきます。

カラーベスト欠け
化粧スレートは、主原料にセメントと繊維材料を使った薄さ5mmの屋根材になります。
セメント系スレートは主成分がセメントですので、塗料によって防水性を保っているため塗膜が剥がれ色褪せしますと、防水機能の低下によりスレート自体が水分を含み、カビや苔が発生しスレート自体も劣化して割れやすくなります。
そのため、建築後10年から15年で塗装によるメンテナンスをしますと、スレート自体の延命になります。
しかしメンテナンスをしっかりしているスレート屋根でも、築20年を経過したらスレートの下の防水シートの劣化により雨漏りの可能性はあります。
スレート屋根自体の寿命は、20年から30年なので築20年も経過したあたりで多くのスレート屋根の耐久寿命は尽きてしまいます。
その際のメンテナンスは、スレートの状態によりますが塗装によるメンテナンスをしても数年で塗膜が剥がれるなどトラブルが起き無駄な修理になりかねません。
塗装では、スレート屋根本来の機能を向上させたり回復させたりすることにはなりませんので、塗装によるメンテナンスには注意が必要です。
あくまでもスレート屋根の塗装の目的は美観維持で、ケイミュー社のメンテナンスマニュアルにも塗装は「美観上必要に応じて」としっかりと明記されています。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878