オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下松市で台風による屋根の被害を火災保険で直そうとしている方へ


下松市で屋根の無料点検をさせていただいた時に、台風による被害なら火災保険が適用される可能性があることをお客様に伝えると驚いていました。
火災保険で直せることを知らず、他の業者に見てもらった時にも火災保険のことは言われなかったようです。
そこで今回のコラムでは、火災保険についてお知らせします。
棟板金の剥がれ
画像は下松市で無料点検を行ったスレート屋根で、棟板金が剥がれていました。
火災保険は、火事になった時にしか使えないと思われがちですが、自然災害による建物被害にも適用されます。
そのため、台風だけでなく雪や雹、大雨による被害も対象となり、外部の損傷により発生した室内の雨漏りも補修対象になります。
大半の火災保険では、特約により補償しているので、契約内容をよく確認してください。
あくまでも自然災害による被害にしか適用されず、経年劣化による損傷は対象外です。
特に、雨漏りは自然災害によるものか、経年劣化によるものか、判断が難しいので屋根専門の業者に調査を依頼するようにしましょう。

スレート屋根の棟板金の剥がれ、雹による屋根材の割れ、雪の重さによる雨樋の破損、強風によるアンテナ被害、瓦屋根の漆喰の崩れ、なども保険対象になります。
火災保険は、自動車保険と違い等級がないので、保険を使っても保険料が上がる心配はありません。
また、原則として被害を受けてから3年以内であれば保険を申請できるので、いつの間にか壊れていたという方も大丈夫です。
保険金の額は、保険会社や契約内容によって変わってきます。
一般的な火災保険では、損害額が20万円以上である必要があります。
「雨樋が一ヶ所壊れているだけだからダメかも」と思ったとしても、業者に見積もりを依頼することをおすすめします。
屋根工事では、足場が必要で、足場代だけでも10万円以上かかります。
そのため、損害額が20万円以上になることがほとんどです。
1.屋根やさんに外壁・屋根の調査を依頼(屋根の状態と修繕費用を確認しておくと保険申請がスムーズです)
2.現地調査・見積書
3.申請書類作成・保険会社に申請
4.保険会社による審査・査定
5.保険会社より保険金の振り込み
6.修繕工事

まずは、屋根業者に見積書と損傷箇所の写真を撮ってもらいましょう。
保険の詳しい業者であれば、申請書の出し方などをアドバイスしてもらえます。
「絶対に保険金がもらえるので契約しましょう」などという業者がいたら注意しましょう。
保険金が下りるかどうかは保険会社が決めるものなので、修理費用の一部しか下りなかったり、場合によっては全く下りないこともあります。
そのため、保険金が確実に下りることを確認してから、工事の契約をするようにしてください。
また、保険の申請を代行するといったことにも注意する必要でがあり、後になって多額の代行料金を請求されるということもあります。
火災保険を悪用する屋根修理業者もいますので、屋根に被害が出た場合には、地元の信頼できる業者に点検を依頼しましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878