オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、屋根修理に火災保険が適用されるのかお伝えします


山口市にお住まいの方より「雨樋が壊れているので見てほしい」とお問い合わせをいただき、現地調査をした時に、「火災保険を適用できるかもしれない」という話をさせていただきました。
火災保険で直せるとは思っていなかったようで、驚いた様子でした。
このお客様のように火災保険で直せることを知らない方は多いと思います。
そこで今回のコラムでは、屋根修理に火災保険が適用されるのかお伝えします。
雨樋の外れ

外れた雨樋

画像は、山口市で現地調査をさせていただいた家の雨樋が破損して外れている様子です。
強風で雨樋の上合(集水器)に負荷がかかり割れて外れていました。

火災保険の中には、自然災害による建物被害の修理費用を補助してくれる特約が付いているものがあります。
その場合には、元の状態に戻す費用を保険会社が負担してくれます。
火災保険が適用されるのは、雨樋だけでなく、瓦の割れやスレート屋根の棟板金の剥がれ軒天の剥がれなどでも保険対象となります。
ただし、経年劣化で壊れたなどではなく、台風や強風、雪や雹、大雨などの自然災害による被害でなければ火災保険の対象になりません。

今回、現地調査をした雨樋は強風が原因なので、火災保険が適用される可能性があると判断しました。
ですが、実際に火災保険が適用されるかは保険会社が決めることなので、保険の内容や種類によっては適用されない場合もあります。
「絶対に保険金が降りる」などと言ってくる業者には注意してください。

自動車保険などと異なり、等級がないので、使用しても保険料が上がることはありません。
火災保険は、原則として3年前の損害まで遡ることができます。
そのため、台風で破損したけどお金がなくてそのままにしていたという方も火災保険を利用できる可能性がありますので、一度、専門の業者に相談することをおすすめします。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878