周南市の方へ、火災保険で屋根工事をするときの申請手順と注意点


火災保険で屋根工事ができることがあるのをご存知でしょうか。
自然災害による屋根の被害では火災保険が適用され、屋根工事ができます。
今回のコラムでは、火災保険の申請手順についてお伝えします。
雨漏り箇所にブルーシートをかけた瓦屋根
火災保険の中には自然災害による屋根の被害を補償してくれる特約が付いているものがあります。
自然災害には、台風や暴風などの風による被害、雨や雪、雹(ひょう)、落雷などをいいます。
屋根材や棟板金の剥がれや雨樋の破損などを修理できますが、経年劣化による場合には保険が適用されません。
工事費用が20万円以上や被害の発生から3年以内でなければいけません。
ただし、保険の内容によっては1円から保険金が降りることもありますので、必ず契約内容を確認してください。

保険が適用される屋根工事の詳細はこちらをご覧ください
1.専門の業者へ連絡
まずは、専門の業者に来てもらって工事の見積もりをしてもらいます。
火災保険の申請には、「工事の見積書」と「被害状況の写真」が必要になるので、保険会社より先に業者に見てもらうことでスムーズに申請できます。
また、中には火災保険の知識がある業者もいるので、申請に関してわからないことは相談しましょう。

2.保険会社に連絡
加入している火災保険の保険証書で契約内容と問い合わせ先を確認して保険会社に電話しましょう。
被害を受けた時の状況や被害の内容を話して、保険会社からもらえる保険申請書を記入して、見積書や被害箇所の写真と一緒に送りましょう。
申請に必要な書類は保険会社ごとに異なるため、何が必要なのか必ず確認しましょう。

3.保険会社の現場調査
保険会社の鑑定人に被害箇所の調査をしてもらいます。
工事内容や金額によっては鑑定人の調査がない場合もあります。
火災保険が適用されれば、保険金額が決まり、口座に振り込まれます。
火災保険を利用した悪徳業者によるトラブルが増えているので注意してください。
例えば、「保険の申請は本人が行わなければならないのに保険の申請を代行するからと手数料を要求される」、「必ず保険金が降りると嘘をついて契約させられる」、「保険会社に嘘の申告をするよう言われる」、「保険金を出させるために意図的に屋根を壊す」といったことがあります。
悪徳業者には、十分に注意して火災保険を利用して屋根工事を行いましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878