オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

リフォーム瑕疵保険とは?対象になる工事内容、保険金の内容


リフォーム瑕疵保険とは?

カバー工法後の屋根
リフォーム瑕疵(かし)保険とは、リフォームの「検査」と「保険」が一緒になった保険のことです。
リフォーム瑕疵保険に入っていれば、リフォーム内容を保証するための検査が行われ、リフォーム工事で欠陥が見つかった場合の補修費用をまかなうことができます。
仮にリフォーム工事を行った業者が倒産した場合にも、保険金の請求・支払いが行われます。
瑕疵とは、本来の性能・品質を確保できていない状態や欠陥のことです。

リフォーム瑕疵保険では、施工中や工事完了後に第三者(専門の建築士)のチェックが行われることにより、公正で安心な工事が行われます。
検査で瑕疵が見つかった場合には、直ちに補修工事が行われます。

工事完了後に普通に生活していただけなのに工事箇所に不具合が発生した場合には、業者に保険金が支払われ補修工事に必要な費用を保険でまかなうことができます。

実際に保険に加入するのは、リフォームを依頼した側(お客様)ではなく、リフォーム工事を行う業者です。
リフォーム瑕疵保険へ加入する事業者は保険法人へ事業者登録することが義務付けられております。
当然ですが、事業者登録にも審査があり、基準を満たせない場合は登録できません。

対象の工事内容

リフォーム瑕疵保険は、建物の一部にかかる増築や改築、補修工事を行う住宅が対象になります。
店舗や事務所と兼用の住宅も該当し、建物の構造や築年数は問われません。

どの部分へも適用されるわけではなく、保険の適用部分は「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」です。
構造耐力上主要な部分とは、住宅の基礎、土台、柱、筋交いなどの住宅を支える際に重要な部分のことです。
雨水の浸入を防止する部分とは、住宅の屋根や外壁または開口部に設ける戸、建具などのことです。

保険金の内容

以下の損害・費用に対して保険金が支払われます。
〇修繕費用
  事故を補修するために必要な材料費・労務費、または補修に代わる損害賠償金

〇仮住居・転居費用
  対象住宅の居住者が補修のために一時的な移転を余儀なくされた場合には、仮住居費用及び転居費用

〇損害調査費用
  保険対象工事部分の補修が必要な場合に、補修が必要な範囲、補修方法、費用を確定するための調査費用

〇求償権保全費用
  保険金の支払い対象となる損害が発生し、リフォーム事業者が他人に損害賠償の請求ができる場合に、その権利を保全する手続きを行うために必要な費用

〇訴訟費用
  瑕疵担保責任に関する訴訟について必要となる訴訟、和解、調停、仲裁または示談の費用

適用期間

保険対象工事(増築部分を除く)の保険適用期間は、5年間です。
増築部分については、10年間です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878