オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦止め工事ってなんでしょう?瓦止め工事の重要性や特性についてお伝えします。


瓦止め工事とは、瓦をコーキングなどによって固定することで瓦をズレにくくし、風害に強くする工事です。
瓦は、陶器やセメントでできてるので歪むことはないとお考えの方もいるかもしれませんが、実は長い年月の間、強烈な紫外線に晒されることによって、瓦自体が歪み、瓦と瓦の間に隙間ができるのです。
その隙間から雨水が入り込み、雨漏りの原因になります。その雨漏りを防ぐために瓦止め工事は有効的です。
コーキングを塗る工法は「ラバーロック工事」「ラバーコーキング工事」「シリコン瓦止め工事」など様々な名称で呼ばれています。
コーキング以外にも、「金属止め」や「ボンド止め」もあります。
瓦止め工事で注意しないといけない点は、瓦周囲をすべてコーキングで塞いでしまうと、雨を隙間から排出するという瓦本来の機能を損ないます。
また瓦の空間をすべて密封してしまうと、湿気が溜まりルーフィングや野地板が腐食してしまう恐れがあります。
これらの腐食が激しくなると、屋根の葺き替え工事をしなければいけなくなるので注意しましょう。



瓦止め
コーキング直後は、ラバーロック部分は綺麗に乳白色の色をしてますが、時間の経過とともにホコリや砂などで黒ずんできます。
そのためポイントを押さえて最低限の箇所にラバーロックしていかないと、屋根全体が黒ずんで見えてしまい外観が非常に悪くなります。
ラバーロックが必要な屋根でも、その施工箇所を間違えてしまうと屋根の痛みを早めたり、外観が悪くなったり、別の雨漏りの原因になったり、未熟な業者に施工してもらうと多数の不具合を引き起こすこともあります。
一時期、ラバーロック工事を勧める=悪い業者と風潮がありましたが、経験が豊富な適切な業者に頼めば、これほど安価な雨漏り防止対策はありません。
瓦止め工事をする際には、経験豊富な「町の屋根やさん周南店」へ安心してご依頼ください。
詳しいラバーロック工法の説明はこちらもご覧ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878