オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で瓦屋根の屋根工事・屋根リフォームをお考えの方へ


瓦屋根は屋根材の中でも特に耐用年数が長い屋根材です。
しかし、定期的なメンテナンスをしなければ他の屋根材と同じように雨漏りする可能性があります。
今回のコラムでは、瓦屋根の屋根工事・屋根リフォームをお考えの方へ、メンテナンスの必要性や補修方法などをお伝えします。
瓦屋根の外観
瓦は耐用年数の長い屋根材ですが、強風による飛来物や雹などによって欠けたり、割れたりします。
割れた箇所から雨水が浸入すると、防水紙が傷み、雨漏りにつながります。
経年劣化や僅かな隙間から浸入した雨水が瓦の下地の木材を腐食させ、瓦がズレてしまうこともあります。
瓦がズレると隙間ができて雨漏りにつながったり、しっかりと固定されていないので落下する危険性もあります。
漆喰の剝がれ

漆喰の剥がれ

画像は、周南市で無料点検をした瓦屋根の漆喰です。
瓦屋根には、瓦を固定するために漆喰(しっくい)と呼ばれる材料が使用されています。
漆喰は、消石灰を主成分にスサ(繊維質)や糊などを混ぜてつくられた建材です。
瓦屋根の棟部分に使用されています。
漆喰が劣化して剥がれると、その部分から雨水が浸入します。
また、棟瓦を固定する力が弱まるので、棟瓦が歪んでしまうこともあります。
歪みをそのままにすると、徐々に歪みが大きくなり、地震や強風で棟瓦が崩れてしまいます。
瓦の耐用年数が長く、瓦が傷んでなくても、漆喰が剥がれていると雨漏りの原因になったり、棟が崩れる危険性があるので、瓦屋根の中でも特に注意しなければならない箇所です。
棟瓦の撤去
瓦屋根以外の屋根であれば、定期的に屋根塗装をすることで屋根材を長持ちさせることができますが、瓦屋根のメンテナンスで塗装はしません。
瓦屋根専用の塗料を使用すれば、塗装できますが、他の屋根材と違って塗膜で保護しているわけではなく、耐久性にはほとんど影響ないため、おすすめはしません。

瓦屋根のメンテナンスでは、屋根葺き直しと屋根葺き替えを行います。
瓦は耐久性に優れている屋根材なので、雨漏りしていたとしても屋根材自体の劣化は大したことなく、屋根材の下の防水紙野地板の方が先にダメになってしまうことがあります。
その場合に行うのが、屋根葺き直し工事です。
屋根葺き直し工事は、既存の瓦を取り外してから、防水紙と野地板を交換し、取り外した瓦をもう一度葺き直す工事です。
欠けたり、割れている瓦は新しい瓦に交換します。
瓦を再利用することで、材料費を節約できます。

瓦の劣化が激しい場合に行うのが、屋根葺き替え工事です。
屋根葺き替え工事は、既存の瓦を撤去してから、防水紙と野地板を交換し、新しい屋根材を葺く工事です。
既存の瓦の処分費や新しい屋根材の材料費がかかるので、葺き直しよりも高額になります。
地震などの災害に強い防災瓦への葺き替えがおすすめです。


漆喰だけが傷んでいる場合には、漆喰の詰め直しと棟瓦の取り直しを行います。
・漆喰の詰め直し
漆喰の詰め直し工事は、漆喰の剥がれが軽微な場合に行われ、傷んでいる漆喰を取り除いてから新しい漆喰を詰め直す工事です。

・棟瓦の取り直し
漆喰の剥がれが酷く、棟瓦がズレている場合に行われ、棟瓦を取り外してから新しい漆喰を詰め直して、棟瓦を設置しなおす工事です。
瓦は非常に耐久性に優れた屋根材ですが、雨漏りしないというわけではありません。
屋根の状態が悪くなると、大規模な工事が必要になり、工事期間が長くなったり、工事費用が高くなります。
そのため、定期的に点検をして状態を確認し、漆喰などの補修をすることが大切です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878