オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

光市の方へ、金属屋根材以外の屋根材も屋根カバー工法で使用できるのか


現在、最も普及しているスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)のメンテナンス方法として一般的なのが屋根カバー工法です。
その屋根カバー工法では、金属屋根材が新しい屋根材として使用されることがほとんどです。
屋根カバー工法で他の屋根材は使用できないのでしょうか。
今回のコラムでは、屋根カバー工法の屋根材についてお伝えします。

コロナで屋根カバー工法をした屋根
屋根カバー工法とは、既存の屋根の上に新しい屋根を被せる工事方法のことで、重ねて葺くことから「重ね葺き」とも呼ばれます。
似たような工事に屋根葺き替え工事がありますが、葺き替え工事は既存の屋根を解体して新しく屋根を葺く工事です。
屋根材の解体費と廃材処理費が必要で、屋根葺き替え工事の方が屋根カバー工法よりも費用が高くなります。
また、屋根カバー工法は屋根が2重になることから断熱性と遮音性が上がります。
そのため、スレート屋根のリフォームでは屋根カバー工法がおすすめです。

屋根カバー工法の詳細はこちらをご覧ください
ガルバリウム鋼板の屋根
金属屋根(ガルバリウム鋼板)
屋根カバー工法では、屋根が2重になるので、屋根が重くなります。
地震の時の揺れは屋根の重さに左右され、屋根が重くなれば重心が高くなり地震の揺れも大きくなります。
地震の揺れによる建物への負担を軽減するために軽い屋根材を使用する必要があります。
そのため新しい屋根材には、屋根材の中で最も軽量な金属屋根材が使用されています。

アスファルトシングル屋根
アスファルトシングルの葺き作業
画像は、光市でアスファルトシングルを使用した屋根カバー工事の様子です。
工事の工程は、金属屋根材を使用した時とほとんど同じです。

屋根カバー工法では、金属屋根材以外にもアスファルトシングルという屋根材を使用できます。
アスファルトシングルは、屋根材と防水紙が一体となったような屋根材で、砂粒や石粒を防水紙に吹き付けています。
シート状の屋根材なので、折り曲げることができ、曲面にも施工できます。
金属屋根材よりは重いですが、瓦屋根の約1/4と軽いので、屋根カバー工法に使用できます。

おすすめのアスファルトシングル屋根材が「オークリッジスーパー」です。
オークリッジスーパーは、粒状彩色石が生み出す風合いと独特のグラデーションが魅力の屋根材です。
制限付きですが永久に保証を受けられるのが特徴です。

オークリッジスーパーの詳細はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878