周南市の方へ、霧除け(庇)の補修・メンテナンスについてお知らせします


周南市にお住まいの方からお問い合わせをいただき、現地調査に伺うと霧除けの状態が悪いにもかかわらず、そのままにしているお家が多くあります。
霧除けの劣化を放置することで雨漏りにつながることもあり、霧除けのメンテナンスは重要です。
そこで今回のコラムでは、霧除けについてお知らせします。
霧除け(庇)
画像は、周南市で現地調査をさせていただいたお家の霧除け(庇)です。
霧除けは、窓やドアの上に付けられた小さな屋根のことで、庇(ひさし)とも呼ばれます。
最近のお家では、霧除け(庇)を付けないことも増えてきましたが、少し前にはほとんどのお家で付けられていました。
雨の日でも風が強くなければ、霧除けがあることで、窓から雨が吹き込むことを防いでくれ、窓を開けることができます。

また、夏の強い日差しを遮ってくれることで、部屋の温度が上がるのを防いでくれます。
直射日光に当たる量が減るので、フローリングや畳、家具などの日焼けも防止してくれます。
冬にも日差しを遮って部屋の温度が下がりそうですが、そんなことはありません。
夏場と冬場では太陽の日射角度が違い、夏場には上から太陽光が差し込みますが、冬場には横から差し込みます。
そのため、霧除けのせいで冬に寒くなることはありません。

霧除け(庇)があることで快適に生活することができます。
霧除け(庇)があることでメリットはありますが、適切にメンテナンスを行わなければ雨漏りの原因になることがあります。霧除けと外壁との取り合い部分にはシーリングで防水処理がされており、紫外線や雨漏りの影響でシーリングが劣化すると隙間から雨水が浸入してしまいます。
また、霧除けと外壁の取り合い部分には、クラック(ひび割れ)が発生しやすいので注意が必要です。

霧除けからの雨漏りは、徐々に雨水が染み込むため発見が遅くなりがちで、気づかないうちに被害が拡大していたということが多くあります。
内部の構造が腐食してしまうと、場合によっては外壁を剥がさなければならなくなり、大掛かりな工事が必要になります。
そのため、定期的な点検と補修が大切です。
庇の塗装の上塗り
霧除け(庇)の傷みが比較的、軽微な場合には「塗装」を行います。
霧除けの上側には、板金が使われており、経年により劣化すると錆が発生します。
放置していると、穴が開くこともあるので、塗装して錆から守ります。
塗装工事では、劣化したシーリングの補修も行います。

霧除けの傷みが激しい場合には、「取り換え」を行います。
古くなった霧除けを解体して、新しい霧除けを設置します。
塗装よりも費用が高くなります。
早めに塗装によるメンテナンスをして、費用を抑えることをおすすめします。
霧除け(庇)の劣化を放置すると雨漏りの原因になり、大掛かりな工事が必要になることもあります。
外壁塗装、屋根塗装の際には、霧除けの補修を一緒に行うようにしましょう。
霧除けの補修だけというような、ちょっとした補修であっても、遠慮なく、なんでもご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878