オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市でコーキング(シーリング)による雨漏りした屋根の補修をお考えの方へ


周南市で無料点検をさせていただくと、ご自分で屋根の応急処置をコーキング(シーリング)を使ってされていることが多くあります。
コーキングはホームセンターでも気軽に購入でき、施工もそれほど難しくないので、使ったことがあるという方もいるのではないでしょうか?
ですが、コーキングによる屋根の補修には気を付けなければならないことがあります。
そこで今回のコラムでは、コーキングについて紹介します。
棟板金のコーキング
画像は、周南市にお住まいのお客様が、ご自分でスレート屋根の棟板金をコーキングで補修したものです。
コーキング(シーリング)とは、防水性や気密性の向上を目的として隙間に目地材を充填することをいいます。
業者によってコーキングやシーリングと呼び方は変わりますが、基本的には同じ作業のことです。
充填する材料のことをコーキング材(シーリング材)と呼びます。
コーキング処理
屋根材(瓦やスレート)のひび割れ、屋根と外壁の取り合い部分のコーキングの剥がれ、棟板金の継ぎ目のコーキングの劣化などにより生じた隙間にコーキングを充填して雨水の浸入を防ぎます。
コーキングは、様々な場所に使用され、カーポートの雨漏りを直すのにもコーキングが使われます。


コーキングによる補修以外の応急処置には、ブルーシートによる応急処置もあります。
屋根の補修には注意が必要です。
雨水は屋根材のひび割れから浸入するだけでなく、屋根材と屋根材のほんのわずかな隙間からでも侵入します。
雨水が浸入しても雨漏りしないように屋根材の下には防水シート(ルーフィング)が敷かれており、屋根材の下に浸入した雨水は板金や屋根材の隙間から排出されるようにつくられています。
コーキングで補修することで雨水の逃げ道を塞いでしまい、雨漏れの原因になります。

劣化した屋根材は割れやすく、踏む場所が悪いと割れてしまうことがあります。
また、濡れたりコケが発生している屋根は滑りやすく、ご自分で補修しようとしてケガをしてしまうこともあるので、屋根の上には上がらず業者に依頼しましょう。
コーキングによる補修は、あくまでも応急処置です。
一時的に雨漏りが止まったとしても、しばらくして雨漏りが再発することも少なくありません。
屋根に関するお困りごとは、街の屋根やさん周南店にお気軽にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878